遠路はるばる「メタルギア in コンサート」に行ってきたけど思ってたのとなんか違った

2020年10月26日


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/sheonite-blog/www/wp/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 143
METAL GEAR in CONCERT

皆さんこんにちは。新作が出る度に対応ハードを購入する小島秀夫信者のシオナイト(@sheonite)です。「ポリスノーツ」が出た時に3DO買ったのはいい思い出。クリアしたらすぐ売ったけど。

さて、2020年10月11日(日)に、東京国際フォーラムで(株)コナミデジタルエンタテインメントのアクションゲーム、「メタルギア」シリーズのフルオーケストラコンサート『メタルギア in コンサート』が開催されたので行ってきました。

正直、今のコナミは好きじゃないし、私が住んでいる福岡から会場遠いのでかなり迷ったのですが、「Go To トラベルキャンペーン」で旅費が割安になるので思い切って決断。

あと、自らがトドメを刺したメタルギアシリーズに対し、コナミがどれ程の愛情を持っているのか確かめたいという気持ちもありました。私と同じような感 情の人、結構いたんじゃないかなぁ(笑)。

開催概要

前述のとおり、小島秀夫監督が手掛けたコナミの大人気アクションゲーム「メタルギア」シリーズのフルオーケストラコンサートです。

公式HPではメタルギアシリーズと言っていますが、セットリスト(後述)を見る限り、メタルギア「ソリッド」シリーズですね。MSXの曲は無い。

このコンサートは2017年から開催されており、今年で4回目。2018年はパリ、2019年にはニューヨーク、ロサンゼルスでも開催されています。

指揮は栗田博文さん、演奏は東京フィルハーモニー交響楽団、歌手としてドナ・バークさんが参加されています。

会場は東京都千代田区にある東京国際フォーラム・ホールA。全席指定の9,700円(税込)でした。

こちらが東京国際フォーラムのホールA。1、2階席合わせておよそ5,000席の大ホールです。
こちらが東京国際フォーラムのホールA。1、2階席合わせておよそ5,000席の大ホールです。

今回は新型コロナウイルス対策のため、左右1席ずつ空けて販売されていたようです。東京国際フォーラムのホールAは1、2階合わせて約5,000席で、パッとみた感じ半分くらいは埋まっていたので、会場には2千人強は入っていたんじゃないかなと思います。

また、ライブ配信のチケットも販売されていました。こちらは3,500円(税込)。ライブ配信は10月14日までの期間限定でしたので、現在はチケットを買うこともアーカイブ視聴することもできなくなっています。

なお、来場者特典として、『メタルギア in コンサート』限定ロゴ入りマスクが配布されました。正直あんまり嬉しくない(笑)。すぐボロボロになりそうで微妙。カモ柄のエコバッグとかの方が良かったな。

来場者全員に配布されたマスク。まぁ、記念に取っておくか(笑)
来場者全員に配布されたマスク。まぁ、記念に取っておくか(笑)

セットリスト

セットリストは次のとおり。結構凄い曲数ですね。なお、「Sins of the Father」「Snake Eater」「Calling to The Night」「Heavens Divide」はドナ・バークさんの歌唱付きです。

METAL GEAR SOLID 3

  • “METAL GEAR SOLID” Main Theme
  • Across The Border
  • The Pain
  • Fortress Snaking
  • Sidecar -Escape From The Fortress-
  • Takin’On The Shagohod
  • Troops In Gathering
  • Life’s End
  • Debriefing

METAL GEAR SOLID PEACE WALKER

  • Rain of Bane
  • Marshland
  • PUPA
  • Uninterrupted Signal
  • METAL GEAR SOLID PEACE WALKER Main Theme
  • 恋の抑止力

METAL GEAR SOLID V

  • Ground Zeroes
  • Bloodstained Anthem
  • The Fall of Mother Base
  • V Has Come To
  • Shining Lights, Even in Death
  • Sahelanthropus Dominion
  • Sins of The Father (Vocal)

METAL GEAR SOLID

  • VR Training
  • Intruder
  • Mantis’ Hymn
  • Hind D
  • Escape
  • The Best Is Yet To Come

METAL GEAR SOLID 2

  • Opening Infiltration
  • Olga Gurlukovich
  • RAY Escapes
  • Fortune
  • It’s the Harrier!
  • Battle
  • Freedom to Decide

METAL GEAR SOLID 4

  • Old Snake
  • Gekko
  • Mobs Alive
  • Guns of the Patriots
  • Everything Ends
  • Father & Son
  • METAL GEAR SAGA
  • Snake Eater (Vocal)
  • Calling to The Night (Vocal)
  • Heavens Divide (Vocal)

感想(やや辛口)

全体の流れとしては作品毎に、スクリーンにデモシーンの映像を流しながら曲をメドレーで演奏するという構成がとられていました。

個人的には1曲目のメインテーマが流れてきた時点で『遠くから来た甲斐があったYo!』と思い(早いな)、「Sins of the Father」でのドナ・バークの圧倒的歌唱力に『十分元は取れた(旅費含め)』と感じました。

が、個人的にピークはその2点くらいで、あとはなんか淡々と進行していきましたね。勝手な印象ですけど、観客の熱と内容がマッチしていなかったように思います。

そう思った理由を自分なりに考えてみました。

曲紹介等のMCなし

ドナ・バークさんが歌ったあと少しだけ本人がお喋りされてましたけど、それ以外は一切MC無し。ゲームの映像をバックに曲をメドレーで演奏して終わり。

せめてその作品のあらすじとか、「この曲はどういうシーンで流れる曲です」みたいな説明してくれれば良かったんだけどなぁ。どうせ観客は生粋のメタルギアヲタでネタバレとか全然平気なんだから(笑)。

言い方悪いけどなんか事務的な進行でした(笑)。このあたりは新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団市原雄亮さんは上手だなって思います。

スピーカーの音が大きかった

ステージ上の演奏をマイクで拾い、正面にあるスピーカーからホールに流されていたのですが、この音がデカかった。

正確に確認できたわけではないですが、コーラスとエレキギターのパートは録音だったので、生演奏とミックスする関係上仕方ないかもしれませんが、生演奏を聴きに来たのにこれはちょっとな、と思いました。

これなら確かにライブ配信でも良かったのかな、と。もちろん音のいいスピーカー(またはヘッドホン)を持ってるという条件はありますけどね。

キャラクターのセリフなし

プロジェクターで各ゲームのシーンが流れ、冒頭には効果音が入ったりしてましたが、キャラクターのセリフ(音声)は一切無し。

もちろん演奏中は邪魔になるから不要だと思いますけど、せめて演奏前に『待たせたな!』くらいはあってもいいでしょうが。

コナミは小島監督寄りの声優陣とはあんまり仲が良くないのかな?と、余計なことを勘ぐってしまいます。

あと、「恋の抑止力」のイントロが始まった時、これはひょっとしてサプライズで水樹奈々くる?きちゃう!?って一人で勝手にドキドキしていましたが、そんなことは全然なかった(笑)。

期待してた物販なし

コロナの影響を考慮してかはわかりませんが、グッズの物販も一切ありませんでした。公式サイトから買ってくれと。

いやいや、マグカップとかすぐに売り切れとったやん?わざわざ会場まで来てるんだから、パンフレットくらいは売ってもいいやん?

もうガッカリですわ。

あとがき

ということで以上、『メタルギア in コンサート』の感想でした。

勘違いされると困るので書いておきますが、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏は本当に素晴らしかったです!

ドナ・バークさんの歌も鳥肌ものでした。ただ、「Snake Eater」の歌い方はタメ過ぎじゃないかと思いましたけどね(笑)。

コナミって結局、メタルギア(とファン)のことあんまり好きじゃないのかな?って感じただけです。もちろん個人の感想。

ではでは。