「第二回 ももち浜eスポーツ選手権大会」を観戦してきました

ももちeスポ選手権

皆さんこんにちは。今頃になって「Detroit: Become Human」の面白さを知ったシオナイト(@sheonite)です。PlayStation Plusのフリープレイで初めて遊んだんですけど、このゲーム素晴らしいですね。SF映画好きには絶対オススメ。

さて、先日お伝えしたとおり、2019年7月6日(土)に、福岡市早良区にあるTNC放送会館にて「ベスト電器presents 第二回 ももち浜eスポーツ選手権大会」が開催されましたので行ってきました。もちろん出場なんてムリなので観戦です。

今回の大会では、「ぷよぷよ eスポーツ」「ウイニングイレブン 2019」「ストリートファイターV アーケードエディション」の3本が競技種目となっていました。それぞれの決勝の様子を撮影してまいりましたのでご覧ください。

ちなみに今回の動画は「DJI OSMO Pocket」を使って撮影したのですが、ゲーム画面が大きく見えるようにクロップ(画像の一部切り抜き)したので、かなり画質は悪いです。

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

41,700円(07/17 02:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

あと、前のおっさんの後頭部とかも映ってます。ごめんなさい(笑)

ぷよぷよ eスポーツ

第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」で競技タイトルに選ばれた(といっても文化プログラムという扱いですが)「ぷよぷよ eスポーツ」。ぷよぷよがここまで息の長いゲームになるとは…。コンパイルも惜しいことをしたものです。お元気ですか?仁井谷さん

出場者はやや少なめの16名。募集が40名だったので、ちょっと残念なエントリー数。とはいうものの、精鋭揃いといった感じでしたね。

「ぷよぷよ eスポーツ」のトーナメント表
「ぷよぷよ eスポーツ」のトーナメント表

決勝は椎野選手とほし選手の対決。

左から2番目が椎野選手、3番目がほし選手です。
左から2番目が椎野選手、3番目がほし選手です。

ぷよの積み方が速くてわけわからん(笑)。優勝は椎野選手でした。お見事!

ウイニングイレブン 2019

超リアルなサッカーゲーム「ウイニングイレブン 2019」。私、ウイイレはやったことないので全くわからない(もちろんサッカーのルールは知っている)んですけど、試合前の設定が細かすぎてびっくりしました。ほとんどシミュレーションゲームですね。

決勝はウイイレのアジアチャンピオン、茨城県からお越しのレバ選手と、北海道からお越しのject選手。遠方から福岡までお越しいただき、ありがとうございます。でも優勝賞金5万円(準優勝3万円)だと、旅費で吹き飛んでしまったのではないでしょうか(心配)

左から2番目がレバ選手、3番目がject選手。
左から2番目がレバ選手、3番目がject選手。

優勝はアジアチャンピオンの力を見せつけたレバ選手。さすがの試合運びでした。

それにしても皆さんアーセナルばっかり選択してましたね。欧州サッカーに詳しくない私ですが、オーバメヤンは覚えました(笑)

ストリートファイターV アーケードエディション

eスポーツといえばストリートファイター、ということで「ストリートファイターV アーケードエディション」です。

私も格闘ゲーム好きなので、ヨドバシでアーケードコントローラーを見るたびに「やってみようかなぁ」と思うのですが、こういうeスポーツ大会で超絶技巧を見せつけられると、「やっぱり自分にはムリだな」と思ってしまいます。皆さんレベル高すぎ。

ストVはこの手の大会ではおなじみのダブルイリミネーション方式で行われました。1回だけなら負けても優勝のチャンスがあるトーナメント方式ですね。

ファイナルにはウィナーズブラケットから弟子犬選手とジョビン選手、ルーザーズブラケットからなおーん選手が勝ち上がっていました。

左から2番目がジョビン選手、中央が弟子犬選手、右から2番目がなおーん選手です。
左から2番目がジョビン選手、中央が弟子犬選手、右から2番目がなおーん選手です。

ウィナーズファイナル

まずはウィナーズファイナルのジョビン選手対弟子犬選手戦。ジョビン選手は芸人プロゲーマー、弟子犬選手は前回大会の準優勝者です。ここでは弟子犬選手のかりんが危なげなく勝利し、ジョビン選手がルーザーズに回ることになりました。

ルーザーズファイナル

ルーザーズファイナルは先ほどのジョビン選手とルーザーズを勝ち上がってきたなおーん選手の戦い。なおーん豪鬼も善戦しましたが、ジョビンネカリが力の差を見せつけ、グランドファイナルでの弟子犬選手との再戦を決めました。

グランドファイナル

ウィナーズファイナル同様、弟子犬選手対ジョビン選手の戦いになりました。

決勝はウィナーズを勝ち上がった弟子犬選手が3マッチ先取すると優勝、ルーザーズ上がりのジョビン選手は3マッチ先取でリセット、再び3マッチ取れれば優勝というハンデ(というより弟子犬選手にアドバンテージ)があります。

ウィナーズファイナルの状況から弟子犬選手がすんなり優勝決めてしまうのかなと思いきや、ジョビン選手が先に3マッチを取って振り出しに戻し、大会を大いに盛り上げてくれました。

もつれにもつれた結果、優勝は弟子犬選手。追い詰めたジョビン選手も見事でした。

優勝の弟子犬選手。勝利者インタビューでもマスクは取らないスタイル。
優勝の弟子犬選手。勝利者インタビューでもマスクは取らないスタイル。

大会の感想(あとがき)

出場選手の素晴らしいプレーを観ることができた大会で個人的には楽しめたのですが、前回同様、いまひとつ盛り上がりに欠ける感じがしました。出場者以外の純粋な観戦者が少なかったのが理由の一つのような気がします。それに対してスタッフ・関係者が異様に多かった(笑)

会場のTNC放送会館って、福岡市の中心部から少し離れているので、集客にはちょっと不利な場所なんじゃないかなぁって思います。ソフトバンクホークスの試合とか、嵐のコンサートとからなら話は別ですけど。

あと、告知もあまりされていなかった気がするんですよね。テレビ西日本(TNC)の大会だからTNCの番組では紹介されていたんでしょうけど、ゲーム関係のネット媒体も色々あるので、そういうところも使って告知した方が効果的なんじゃないですかね。

色々言いましたけど、東京と違ってこういう大会少ないんで期待しているんです。せっかく第二回まで続けてくださったんですから、第三回、四回と続けていただけると大変ありがたい。よろしくお願いしますTNCさん。

ではまた。

ぷよぷよeスポーツ - PS4

ぷよぷよeスポーツ - PS4

1,260円(07/17 12:53時点)
Amazonの情報を掲載しています
ウイニングイレブン2019 - PS4

ウイニングイレブン2019 - PS4

2,760円(07/17 14:13時点)
Amazonの情報を掲載しています