西日本最大級のeスポーツ施設「esports Challenger’s Park」に行ってきました!

2022年1月9日

チャレパです。

皆さんこんにちは。eスポーツ観戦が忙しすぎて全然ゲームで遊べていないシオナイト(@sheonite)です。年末はぶっ通しでRTA in Japanもありますからね。寝る暇もない。

それはさておき、以前の投稿で、プロeスポーツチームSengoku Gaming(以下「SG」)の信者であることを公言しましたが、そのSGのホームスタジアムとなる施設、「esports Challenger’s Park」がオープンしましたので紹介します。

施設概要

esports Challenger’s Park(通称「チャレパ」)は、福岡市中央区天神の天神ロフトビル8Fにオープンした、九州最大級のeスポーツ複合施設です。

いきなり余談ですが、天神ロフトビル8Fは「焼肉ウエストがあった場所」と言えば、福岡の方にはすぐ理解してもらえると思います。実際、ロフト1階のエレベータ前で、『ウエストが無くなってる!』と嘆いているファミリーに遭遇したことがあるし(爆)

施設運営は福岡の通信事業者である(株)QTnet。SGを運営する(株)戦国の親会社ですね(たしか)。

チャレパは単なるeスポーツカフェ的なものではなく、「スポーツ・テクノロジー・教育・ビジネス・コミュニティ」が一体となって、eスポーツの普及・発展に貢献していくことを目指した施設で、「esports together」をコンセプトとして提唱しています。

店内にある「esports together!」のサイン。
店内にある「esports together!」のサイン。

グランドオープンは2021年8月22日でしたが、新型コロナウイルスに係わる緊急事態宣言が出されていたこともあり、オープニングイベントは関係者のみで行われ、一般向けのオープンは翌23日からとなりました。

オープニングイベントに行きたかったので非常に残念でしたが、イベントの一部はYouTubeに公開されていますので、興味のある方はそちらをご覧ください。

フロアガイド

チャレパにはハイスペックPCでeスポーツがプレイできる「プレイエリア」以外にも、様々なエリアがあります。

入り口付近にあるフロアガイド。ちなみに2021年12月26日現在のものです。
入り口付近にあるフロアガイド。ちなみに2021年12月26日現在のものです。

それぞれのエリアを、フロアガイドの記載順で紹介させていただきます。言葉で表現するのが下手なので写真多めです(いつものやつ)。

受付

エレベータを降りると「ESPORTS CHALLENGER’S PARK」のネオンサインがお出迎え。

「ESPORTS CHALLENGER'S PARK」のサイン。まぶしい。
「ESPORTS CHALLENGER’S PARK」のサイン。まぶしい。

アルコール消毒と検温をした後、受付の端末にスマホに表示した会員証(スマホに表示したQRコード)をかざして入場します。

受付の様子。店員さんが写っていませんが、普段はちゃんといます(笑)
受付の様子。店員さんが写っていませんが、普段はちゃんといます(笑)

会員証はカフェのみの利用や見学であれば提示する必要はありません。

ちなみにトイレはエレベータを降りてすぐ右奥にあります。チャレパ利用中は一旦お店の外に出る必要がありますね。

スタジアム

受付を通ってすぐ左手にあるのがスタジアム。

こちらがスタジアム。円形です。
こちらがスタジアム。円形です。

eスポーツの大会やイベントが開催されるスペースです。大画面スクリーンが目を引きますね。選手のPCデスクは可動式で、様々なレイアウトに対応している模様。

PCデスクを前3台後ろ2台に並べたところ。これは「LoL交流会」の時かな。
PCデスクを前3台後ろ2台に並べたところ。これは「LoL交流会」の時かな。

配信機材も本格的なものが配備されています。選手をとらえるカメラも多数設置してあり、本格的なeスポーツ大会にも対応できる設備といった印象です。

配信設備の数々。なるほどわからん。
配信設備の数々。なるほどわからん。

ショップ

受付を通ってすぐ、真っ先に目に入るのが公式ショップです。

ショップの様子。ネット通販では買えないものが色々あります。
ショップの様子。ネット通販では買えないものが色々あります。

SGグッズはPayPayモール内のYOKASHOPでも購入することができますが、ここでしか買えないグッズもありますので、SGファンは要チェックです。

タンブラーやマグカップはここでしか買えなかったと思います。私のオススメはマグカップ。

SGのマグカップ。赤・白・黒の3色あります。私は白を愛用中。
SGのマグカップ。赤・白・黒の3色あります。私は白を愛用中。

カフェ

ショップを通ると、ニュージーランド発のコーヒーロースター「Coffee Supreme」が監修したカフェがあります。日本では渋谷以外、チャレパにしか出店していないみたいです(2021年12月現在)。

カフェのカウンター。店員さんはいつもにこやかに対応してくださるので居心地がいいです。
カフェのカウンター。店員さんはいつもにこやかに対応してくださるので居心地がいいです。

カフェはスタジアムに隣接しており、大会やパブリックビューイングが開催される際は、カフェからも見学(応援)することができます。

スタジアムに隣接したカフェ。オープン直後の写真なので窓際にPRコーナーが写っていますが、いまはカフェのカウンターになっています。
スタジアムに隣接したカフェ。オープン直後の写真なので窓際にPRコーナーが写っていますが、いまはカフェのカウンターになっています。
カフェの座席。ちゃんと飛沫防止のアクリル板が設置されています。
カフェの座席。ちゃんと飛沫防止のアクリル板が設置されています。

窓際にはカウンター席があります。8階ということもあり、眺望は抜群。

窓際のカウンター席。昼は明るく、夜は夜景を楽しめます。
窓際のカウンター席。昼は明るく、夜は夜景を楽しめます。

カウンターの下にはコンセントもありますので、PCを広げてドヤることも可能。ただ、窓の外にドヤる相手はいませんが(笑)

カウンターの下にはコンセントがあります。USB端子はありませんので、スマホを充電したい方はご注意を。
カウンターの下にはコンセントがあります。USB端子はありませんので、スマホを充電したい方はご注意を。

カフェのコーヒーが美味いのはもちろんですが、フードメニューも豊富です。私が食したものをいくつかご紹介。オススメは「おにぎらずハムエッグの塩多め」です(笑)

看板メニューの「SENGOKU DOG」。牛丼のアタマを挟んだホットドッグ、みたいな感じです。
看板メニューの「SENGOKU DOG」。牛丼のアタマを挟んだホットドッグ、みたいな感じです。
「おにぎらず めんたい高菜」です。福岡の方には説明不要な気がしますが、想像どおり美味いです。
「おにぎらず めんたい高菜」です。福岡の方には説明不要な気がしますが、想像どおり美味いです。
こちらは「おにぎらず ハムエッグ」。オーダーの際、塩を多めにしてもらうのがポイントと勝手に思っています。
こちらは「おにぎらず ハムエッグ」。オーダーの際、塩を多めにしてもらうのがポイントと勝手に思っています。
定番の「ホットドッグ」。ゲームの合間にサッと食べられるのがいいですね。なお、プレイエリアは飲食物持ち込み禁止です。
定番の「ホットドッグ」。ゲームの合間にサッと食べられるのがいいですね。なお、プレイエリアは飲食物持ち込み禁止です。
「グリルサンド ピーナッツハムチーズ」。ハムなので塩味があるのかなと思いきや、ピーナッツバターが甘くて意表を突かれます。
「グリルサンド ピーナッツハムチーズ」。ハムなので塩味があるのかなと思いきや、ピーナッツバターが甘くて意表を突かれます。
「グリルサンド ツナメルト」。ツナとチーズがたっぷり。見た目どおりのガッツリ系。刻んだキュウリがいいアクセントになってます。美味い。
「グリルサンド ツナメルト」。ツナとチーズがたっぷり。見た目どおりのガッツリ系。刻んだキュウリがいいアクセントになってます。美味い。
こちらは「ハムエッグマフィン」。『トロトロの黄身が熱いのでお気をつけください』と言われたにも関わらず唇をやけどしました(笑)
こちらは「ハムエッグマフィン」。『トロトロの黄身が熱いのでお気をつけください』と言われたにも関わらず唇をやけどしました(笑)
最後にドリンクメニューの「フラットホワイト」をご紹介。美味い。そしてほぼ毎日飲んでる(笑)
最後にドリンクメニューの「フラットホワイト」をご紹介。美味い。そしてほぼ毎日飲んでる(笑)

PRエリア

カフェからプレイエリアに抜ける途中にPRエリアがあります。

こちらにはチャレパを運営するQTnetのパンフレットや、スポンサー企業の商品が展示されています。

手前にはQTnetのパンフレット、その奥にはサントリーのZONeが並べられています。
手前にはQTnetのパンフレット、その奥にはサントリーのZONeが並べられています。

この時はLogicoolの公式K/DAギア(League of Legends)も展示されていました(2021年12月現在)

ロジクール製品のLoL公式モデル。カッコいい。
ロジクール製品のLoL公式モデル。カッコいい。

一番奥にはサーバラックが鎮座しているけど、これもPRなんだろうか(笑)

突然のサーバラック。これもある意味PRか。
突然のサーバラック。これもある意味PRか。
PRエリア前にある謎のテーブル。スマホアプリ系のeスポーツタイトルをプレイするときに使用するものと勝手に想像しています。
PRエリア前にある謎のテーブル。スマホアプリ系のeスポーツタイトルをプレイするときに使用するものと勝手に想像しています。

スタディルーム

カフェに隣接したところにスタディルームがあります。ハイスペックPCが10台ほど、学校形式で並んでいました…が、2021年12月27日現在、生徒側の机も対面になっていました。写真撮ってなくてすいません。

スタディルームの様子。ハイスペックPCが10セットほど設置されています。
スタディルームの様子。ハイスペックPCが10セットほど設置されています。

主に、毎週開催されている「eスポーツ体験会」などで使用されています。プログラミング教室等でも使われるみたいですね。

スタディルームの講師席。学校みたいに生徒さんとは対面になっております。
スタディルームの講師席。学校みたいに生徒さんとは対面になっております。

カフェとは壁で仕切られていますが、窓が大きめに取ってあり、カフェスペースからも中の様子を確認することができるので、お子さんをeスポーツ体験会に預け、親御さんはカフェで一服、なんてシチュエーションでも安心です。

配信ブース

スタディルームの隣に個室の配信ブース(ストリーミングブース)があります。AとBの二部屋。

カフェから向かって左手にストリーミングブースAがあります。
カフェから向かって左手にストリーミングブースAがあります。
右手にストリーミングブースB。窓にはブラインドが付いているので、使用中は外から見えないようにできます。安心。
右手にストリーミングブースB。窓にはブラインドが付いているので、使用中は外から見えないようにできます。安心。

それぞれの部屋に座席が2つあり、PCと配信用機材が完備されています。とりあえず手ぶらで来てもPCゲームの配信ができる感じ。

配信ブースの中に入って写真を撮らせていただきました。
配信ブースの中に入って写真を撮らせていただきました。

機材の写真を撮ってきたので、わかる範囲で紹介します。機材は全て2021年12月現在のものです。

SONYのデジタル一眼カメラ「α6000」です。PCとUSBで接続されているので、おそらく高性能Webカメラとして使用するものと思われます。
SONYのデジタル一眼カメラ「α6000」です。PCとUSBで接続されているので、おそらく高性能Webカメラとして使用するものと思われます。
Logicoolのウェブカメラ「StreamCam」です。モニターの上に設置されています。フルHDかつ60fpsで撮影・配信することが可能です。
Logicoolのウェブカメラ「StreamCam」です。モニターの上に設置されています。フルHDかつ60fpsで撮影・配信することが可能です。
Blackmagicdesin社のスイッチャー「ATEM Mini」です。複数の映像ソースやカメラの映像を切り替える機械ですね。
Blackmagicdesin社のスイッチャー「ATEM Mini」です。複数の映像ソースやカメラの映像を切り替える機械ですね。
メーカーのわからんLEDライト。公式には写真なしで「Neewer 2パック USBビデオライト」って紹介されているけど、これのことかな?
メーカーのわからんLEDライト。公式には写真なしで「Neewer 2パック USBビデオライト」って紹介されているけど、これのことかな?

マイクも設置してありましたが写真を撮り忘れました。たぶんSyncoのE-10(公式サイトの情報)です。

ちなみに配信ブースの利用料金は個人が7,000円/時間、法人が20,000円/時間となっております。後述する年会員に入会すると、利用料が10%オフになるみたい。

プレイエリア

チャレパの一番奥にはハイスペックPCでeスポーツを楽しめるプレイエリアがあります。

プレイエリアの様子。この配置はオープン当初のもので、今はちょいちょいレイアウトが変わっています。
プレイエリアの様子。この配置はオープン当初のもので、今はちょいちょいレイアウトが変わっています。
最近変わったレイアウト。トリオ席というらしい。グループでAPEXをプレイすることを意識した感じでしょうか。
最近変わったレイアウト。トリオ席というらしい。グループでAPEXをプレイすることを意識した感じでしょうか。
PCデスク周りはこんな感じです。
PCデスク周りはこんな感じです。

テーブルの上にオレンジ色のセンサーカメラがあり、ここに会員証(スマホに表示したQRコード)をかざすとPCを利用できるようになります。利用権は受付で購入しましょう。

このカメラにQRコードをかざします。
このカメラにQRコードをかざします。

プレイエリアにある機材(おそらくスタジアム、スタディルーム、配信ブースにある機材も同じ)をざっと紹介します。2021年12月現在のものなのでご注意ください。

PCはLenovoの「Legion T750i」です。CPUはCore i9-10900K、グラボはRTX3080です。
PCはLenovoの「Legion T750i」です。CPUはCore i9-10900K、グラボはRTX3080です。
モニターはLenovoの「Legion Y25-25」です。脅威の240Hz駆動。
モニターはLenovoの「Legion Y25-25」です。脅威の240Hz駆動。
キーボードはLogicoolの「G PRO X ゲーミングキーボド」です。テンキーレスで省スペース。このひとつ前のモデル、私も持ってました。
キーボードはLogicoolの「G PRO X ゲーミングキーボド」です。テンキーレスで省スペース。このひとつ前のモデル、私も持ってました。
マウスはLogicoolの「PRO ゲーミングマウス」これ持ってました。ちなみにマウスパッドもLogicoolです(G240t)
マウスはLogicoolの「PRO ゲーミングマウス」これ持ってました。ちなみにマウスパッドもLogicoolです(G240t)
ヘッドセットはLogicoolの「G PRO X ゲーミングヘッドセット」。Dolby 7.1ch対応、マイクも高性能なやつです。
ヘッドセットはLogicoolの「G PRO X ゲーミングヘッドセット」。Dolby 7.1ch対応、マイクも高性能なやつです。
ゲーミングチェアは「Contieaks(コンティークス)」のSengoku Gaming専用モデル(非売品)です。コンティークスは福岡県大川市にある家具の総合商社、(株)関家具さんのゲーミングギアブランドです。
ゲーミングチェアは「Contieaks(コンティークス)」のSengoku Gaming専用モデル(非売品)です。コンティークスは福岡県大川市にある家具の総合商社、(株)関家具さんのゲーミングギアブランドです。

コンティークスについては以前に紹介記事を書いていますので、興味のある方はそちらをご覧ください。

PCにはeスポーツタイトルが多数インストールされています。最新の情報は公式サイトをご確認ください。「ストリートファイターV」や「鉄拳7」などの対戦格闘ゲームは入っていません。

こちらがチャレパのPCにインストールされているゲーム(のアイコン)です。
こちらがチャレパのPCにインストールされているゲーム(のアイコン)です。

ゲームは多数インストールされていますが、アカウントは自前のものを用意する必要がありますのでご注意を。

『「フォールガイズ」入ってるじゃん!いぇ~い遊ぼう!』と思っても、Steamのアカウント持ってないといけないし、更にご自身のSteamアカウントで「フォールガイズ」を買っていないといけません。

その他、写真に撮れない大事な設備として、超高速・低遅延の光インターネット回線があります。快適にeスポーツを楽しむためには非常に重要です。これはまぁ、施設を運営しているQTnetの本業なので安心ですね(笑)

プレイエリアの隅に設置された防音ブース。急な電話がかかってきたときに駆け込むと周りの迷惑にならずいいかも。これも関家具さんの取扱い商品です。
プレイエリアの隅に設置された防音ブース。急な電話がかかってきたときに駆け込むと周りの迷惑にならずいいかも。これも関家具さんの取扱い商品です。

イベント等

チャレパでは福岡でのeスポーツシーンを盛り上げるべく(たぶん)、様々なイベントが開催されています。

ユーザー同士のeスポーツ大会や、気軽に立ち寄ってeスポーツ観戦を楽しめるパブリックビューイング、特定のゲームを対象としたファンの交流会など、面白そうな企画が盛りだくさん。

「第1回LoL交流会」の写真です。福岡のLoLファン集結といった感じで盛り上がっていました。
「第1回LoL交流会」の写真です。福岡のLoLファン集結といった感じで盛り上がっていました。
参加はしなかったけど見学してた「第2回LoL交流会」。
参加はしなかったけど見学してた「第2回LoL交流会」。

私は「第1回LoL(リーグ・オブ・レジェンド)交流会」と、「Wild Rift Horizon Cupのパブリックビューイング」に参加しました。

「Wild Rift Horizon Cup のパブリックビューイング」。この日はSGが勝利したのでめちゃくちゃ盛り上がりました。
「Wild Rift Horizon Cup のパブリックビューイング」。この日はSGが勝利したのでめちゃくちゃ盛り上がりました。

LoL交流会の方は他の参加者とのレベルや年齢層が違い過ぎてアレでしたが(笑)、Wild Riftは開催時間が夜だったこともあり、ビールを飲みながら(カフェは18時からアルコールも提供)他のSGファンと大いに盛り上がることができました。

ビールを飲みながらLoL観戦。こういうのを楽しめる場所が福岡にできたことが嬉しい。
ビールを飲みながらLoL観戦。こういうのを楽しめる場所が福岡にできたことが嬉しい。

イベントの情報は公式サイト公式Twitterで告知されるので、気になる方はフォローしておきましょう。

利用料金

チャレパで必要なお金は主にPCの利用料金となります。基本的に1回のチャージで3時間分ですが、年齢(?)によって料金は異なります。

また、施設運営会社であるQTnetのサービスを利用している方であれば、さらに割引が適用されます。料金体系は次のとおり。

公式サイトからの転載です。ごめんなさい。
公式サイトからの転載です。ごめんなさい。

上記は2021年12月現在のものです。改定される可能性もありますので、公式サイトの方もご確認くださいね。

会員制度

さらにさらに、2021年11月からは年会員制度と月会員制度が始まりました。

この制度に入会すると、PC利用料の割引(月会員はほぼ遊び放題)が適用されるほか、SGグッズのプレゼントがあるなど、様々な特典を受けられます。

ということで私も早速、年会員に入会してみました。

料金は一般が9,000円/年です。こちらも年齢によって金額が異なりますので、公式サイトでご確認ください。

またしても公式からの転載です。ごめんなさい(2回目)。
またしても公式からの転載です。ごめんなさい(2回目)。

入会するとまず、戦国レッド(勝手に命名)の会員証をもらえます。また、PC利用料金が3時間2,000円から1,000円に変わります。

通常の3倍速そうな会員証です(ガンダム脳)。
通常の3倍速そうな会員証です(ガンダム脳)。

ちなみに年会員の情報はお店の端末で管理されていますので、PC利用料を支払う際にこの会員証を提示する必要はありません。いまのところ自己満足アイテムとして財布に忍ばせておくしか使い道はなさそう(笑)

その他、さまざまな特典がありますが、個人的に嬉しかったのが、お誕生日特典の「バースデーケーキ」です。

お誕生日特典の引換券。年会員入会時にもらえます。
お誕生日特典の引換券。年会員入会時にもらえます。

カフェで注文できるケーキを無料でもらえるだけかと思いきや、注文時に店員さんに名前(SNSのハンドルネーム等)と好きなゲームについて質問され、その内容に合わせてプレートをデコレーションしてくださいました。

ケーキ以外にもアイス(左上)がサービスで付いてきます。私は「リーグ・オブ・レジェンドが好き」とお伝えしましたが、どんな仕上がりだったかは秘密です。
ケーキ以外にもアイス(左上)がサービスで付いてきます。私は「リーグ・オブ・レジェンドが好き」とお伝えしましたが、どんな仕上がりだったかは秘密です。

写真でご紹介しようと思いましたが、ネタバレになっちゃうのでやめておきます。

気になる方は年会員に入会して、自分の目で確かみてみろ!

※2022年1月9日追記:来店回数が30回を超えてシルバーランクに昇格しました!

30回来店の証、シルバーの会員証です。次は50回のゴールドを目指します。
30回来店の証、シルバーの会員証です。次は50回のゴールドを目指します。

あとがき

ということで福岡市天神にオープンした大規模eスポーツ複合施設「esports Challenger’s Park」の紹介でした。

オープンしてそれほど時間も経っておらず、お店の方も色々と試行錯誤されているためか、ちょいちょい細かなレイアウト変更が行われています。私が書いている情報と異なることがあるかもしれませんが、そこはご容赦ください。

現時点でも十分楽しめる施設になっていますが、コロナが落ち着き、SGの選手の皆さんがイベントで来店されるようになったら、さらに盛り上がっていくんだろうなぁ、なんて思ってます。

気になった方はぜひ、足を運んでみてくださいね。

ではまた。

にほんブログ村 その他スポーツブログ eスポーツへ

【Sengoku Gaming】NEW ERAコラボパーカー (L)

【Sengoku Gaming】NEW ERAコラボパーカー (L)

10,870円(01/29 02:43時点)
Amazonの情報を掲載しています
【Sengoku Gaming】NEW ERAコラボキャップ

【Sengoku Gaming】NEW ERAコラボキャップ

6,680円(01/29 02:43時点)
Amazonの情報を掲載しています
【Sengoku Gaming】マフラータオル#SGWIN

【Sengoku Gaming】マフラータオル#SGWIN

2,360円(01/29 02:43時点)
Amazonの情報を掲載しています