グラディウスV専用機が欲しかったのでPS3を買ってSSD化してみた(手順紹介)

PS3とSSD

皆さんこんにちは。高田馬場ゲーセンミカドは聖地だと思っているシオナイト(@sheonite)です。まだ2回しか行ったことないけど。

さて、私はよくミカドのYoutube配信を観ているのですが、4月10日に配信された『春のシューティング祭り2022 Knight2k vs グラディウスV』で、ミカドのイケダ店長が「グラディウスVの基盤を買うと思えばPS3は安い」と発言されていたので、これを真に受けPS3を買ってしまいました(笑)。まぁそれだけが理由ではないんですけど。

今回は「ぼくのかんがえたさいきょうのPS3」を作るため、内蔵HDDをSSDに換装してみたいと思います。

今回購入したプレステ3

消費電力が少ないこと、省スペースであること、使用年数が短いこと等を考慮し、最終型の「CECH-4000B」を中古で購入しました。色はインテリアとの調和を考えてクラシック・ホワイト。

でも買った個体があんまり良くなかった。ホワイトというより薄いベージュ…(苦笑)。

中古で買ったPS3。ホワイトバランスの関係で白く見えますが、実物はややベージュ...
中古で買ったPS3。ホワイトバランスの関係で白く見えますが、実物はややベージュ…

ギリギリまでチャコール・ブラックと迷ったんですが、こういうことならブラックの方にすれば良かったかな。クリーナーで拭いたらなんか茶色い汚れが付いたし、ファンが回りだしたら若干タバコ臭がするような気がするし。…気のせいであって欲しいが、そういうことか。

最終型PS3の光学ドライブはトップローディング型。フタはPS3のロゴがある方を左にスライドさせると開きます。
最終型PS3の光学ドライブはトップローディング型。フタはPS3のロゴがある方を左にスライドさせると開きます。

まぁ安かったから値段なりだとは思いますが、グラディウスVが動けばいいと割り切ろう(悲しみ)。

内蔵ディスク(HDD)の交換手順

PS3の内蔵ディスク手順なんてネットにゴロゴロ転がっているので今さらですが、私も便乗しておこうと思います。

PS3のデータをバックアップする

今回私はまっさら(たぶん)のPS3を使用するのでこの工程は省きますが、既に使用しているPS3のHDDを換装する場合、保存されているデータを退避させておく必要があります。

外付けHDDがあれば、USBでPS3に接続し、「クロスメディアバーの設定>システム設定>バックアップユーティリティー」を選択すればバックアップできます。

詳細は公式のPlayStationサポートに詳しく記載されていますので、そちらをご覧ください。

交換用のディスクを用意する

PS3で使用できるディスクは、サイズが2.5inch、インターフェイスがSerial ATAのハードディスクまたはSSDです。

私は今回、Crucial(クルーシャル)の500GB「MX500」というSSDを使用します。

新品で購入したものであればそのまま使用できると思いますが、私はMacで使用していたSSDの流用でしたので、ファイルシステムの関係上、PS3から認識してもらえない可能性があったので、念のためWindowsでフォーマットしました。

新品のSSDではなく、Macで使用していたSSDなので念のためWindowsに接続してフォーマットします。ファイルシステムはNTFSで。
新品のSSDではなく、Macで使用していたSSDなので念のためWindowsに接続してフォーマットします。ファイルシステムはNTFSで。

USBメモリに最新のシステムソフトウェアを保存する

PS3の内蔵ディスクを交換すると本体にシステムソフトウェアが無い状態になりますので、システムソフトウェアインストール用のUSBメモリを作成する必要があります。

システムソフトウェアはPlayStationサポートのページでダウンロードできます。

2022年5月1日現在、システムソフトのバージョンは4.88ですね。

「パソコンを使ってアップデートする」から入っていきます。Macでも可能かは未確認。
「パソコンを使ってアップデートする」から入っていきます。Macでも可能かは未確認。
「PS3アップデートをダウンロードする」を右クリックし、「名前を付けて保存」で保存しましょう。
「PS3アップデートをダウンロードする」を右クリックし、「名前を付けて保存」で保存しましょう。

ダウンロードしたファイル、『PS3UPDAT.PUP』をUSBメモリに保存します。

USBメモリ内に「PS3」というフォルダを作り、更にその中に「UPDATE」というフォルダを作ります。USBメモリそのものの名称はなんでもいいはず(とはいえ半角英数のみでしょうが)。

そのUPDATEフォルダに先ほどの『PS3UPDAT.PUP』を保存すれば準備完了です。

USBメモリ内は「PS3>UPDATE>PS3UPDAT.PUP」という階層にしておく必要があります。
USBメモリ内は「PS3>UPDATE>PS3UPDAT.PUP」という階層にしておく必要があります。

内蔵ディスクの交換作業をする

下準備ができたので、いよいよPS3のディスク換装作業です。

PS3(CECH-4000B)は、本体向かって右側面のパネルからハードディスクにアクセスすることができます。側面パネルの手前側を押しながら本体後方にずらすように力を加えるとパネルが外れます。

パネルの外し方。丸の部分を押し込みつつ、右の方(本体後方)にずらすと外れます。
パネルの外し方。丸の部分を押し込みつつ、右の方(本体後方)にずらすと外れます。
パネルを外したところ。こんな感じ。
パネルを外したところ。こんな感じ。

右側面のパネルを外すと、青いネジ1本で固定されたハードディスクトレイがお目見えします。

ハードディスクトレイ。青いネジを外せばハードディスクを取り出すことができます。
ハードディスクトレイ。青いネジを外せばハードディスクを取り出すことができます。

青いネジを外すと、ネジで固定されていた部分がトレイを引き出すための取っ手のようになりますので、そこをつまんで引き出せばハードディスクは簡単に外れます。

青ネジを外したところ。ここをつまんで引き出します。
青ネジを外したところ。ここをつまんで引き出します。
スルスルっと。
スルスルっと。

ハードディスクはトレイの底面側から4本のネジで固定されていますので、これを4本とも外すとハードディスクを取り出せます。ネジのところにある円い樹脂製の緩衝材を無くさないように注意。

トレイの裏側。四隅がねじ止めされているのがわかります。
トレイの裏側。四隅がねじ止めされているのがわかります。
ネジを外してハードディスクを分離。結構ネジが硬くて難儀しました。
ネジを外してハードディスクを分離。結構ネジが硬くて難儀しました。

ハードディスクを外したら、逆の順番で新しいディスクを固定し、PS3に戻し入れれば換装は完了です。

今回使用したSSD、クルーシャルのMX500。
今回使用したSSD、クルーシャルのMX500。
あとは外した時と逆の手順で進めればOK。
あとは外した時と逆の手順で進めればOK。

システムソフトウェアをインストールする

このまま電源をいれても使い物にならないので、先ほど用意したUSBメモリを使ってシステムソフトウェアをインストールします。

電源を入れる前に、全面USB端子にUSBメモリとDUALSHOCK3を有線で接続しておきましょう。

電源を入れる前にシステムソフトウェアを保存したUSBメモリを挿しましょう。
電源を入れる前にシステムソフトウェアを保存したUSBメモリを挿しましょう。
DUALSHOCK3はUSBケーブルで接続しておきます。無線ではダメ。
DUALSHOCK3はUSBケーブルで接続しておきます。無線ではダメ。

ここからはテレビにHDMIケーブルで接続し、電源コードをコンセントに挿して作業を行います。では電源ON!

画面に「コントローラをUSBケーブルで接続して、PSボタンを押してください。」と表示されますので、指示どおりPSボタンを押します。

コントローラは既にUSBケーブルで接続していると思います。ではPSボタンをポチリ。
コントローラは既にUSBケーブルで接続していると思います。ではPSボタンをポチリ。

「システムソフトウェアが正しく動作できません」と表示されましたね。当然です、だって空のSSDですもん。

ここも指示どおりにコントローラのスタート&セレクトボタンを同時押しします。

この表示が出たらスタートとセレクトを同時押ししましょう。
この表示が出たらスタートとセレクトを同時押ししましょう。

USBメモリへのアクセスが開始されるのですが…

USBメモリのシステムソフトウェアチェックが入ります。
USBメモリのシステムソフトウェアチェックが入ります。

なんとここでトラブル発生!データが壊れている…だとっ!?

「データが壊れています。」と表示されてかなり焦りました。何回やり直してもダメ。
「データが壊れています。」と表示されてかなり焦りました。何回やり直してもダメ。

電源を切ったりシステムソフトウェアを再度ダウンロードしたり、5回ぐらいチャレンジしましたが全くダメ。

でも、USBメモリを別のものに変えたらあっさり作業が進みました。USBメモリの相性かいっ!

USBメモリ内のシステムソフトウェアに問題がなければフォーマットの指示が出ます。そのまま進めましょう。
USBメモリ内のシステムソフトウェアに問題がなければフォーマットの指示が出ます。そのまま進めましょう。

ここまできたら一安心。とりあえず内蔵ディスクの交換は終了です。

あとはアップデートが勝手に進みます。
あとはアップデートが勝手に進みます。

バックアップデータを復元させる

最初の手順でバックアップを取られた方は、ここでデータを戻しておきましょう。

PS3にバックアップに使用した外付けHDDを接続し、「クロスメディアバーの設定>システム設定>バックアップユーティリティー」からリストア(復元)を実行しましょう。

これで元の環境に戻りましたね。お疲れさまでした。

あとがき(PS3買っとけ!)

今回PS3を買ったのはもちろん「グラディウスV」で遊びたかったからなのですが、いま買っておかないと後々ヤバイんじゃないかと最近考えていた、ということも要因だったりします。ポイントは二つ。

  1. 遅かれ早かれゲームアーカイブスは終了しそう
  2. ゲームアーカイブス終了が決まるとPS3は値上がりしそう

まず(1)についてです。

初代プレステやプレステ2、PCエンジンのゲームをダウンロード購入できる素敵サービス「ゲームアーカイブス」ですが、一度、2021年に終了⇒やっぱ撤回という騒ぎがありました。

ユーザーの声に応えての延命という形で一旦落ち着いたものの、2022年6月にサービスが刷新される「PlayStation Plus」に、初代プレステやプレステ2タイトル等のクラウドストリーミングサービスが利用できるプレミアムプラン(1,550円/月、10,250円/年)が用意されたことにより、再び雲行きが怪しくなってきました。

SONYとしても買い切りダウンロードサービスではなく、定額のサブスクリプションで稼ぎたいでしょうから、『そっちで遊べるからゲームアーカイブスは終了ね』という流れはもはや必然。Wii Uのニンテンドーeショップも2023年3月に終わっちゃいますからねぇ…。

ということで(2)は言わずもがな。「定額サービスなんて嫌いだぜ!」という皆さん、今のうちに状態のいい個体を押さえておいた方が良さそうです。

でも、私のようにベージュのPS3には手を出さないようお気をつけくださいね(笑)。

ではでは。

PlayStation 3 クラシック・ホワイト 250GB (CECH-4200BLW)

PlayStation 3 クラシック・ホワイト 250GB (CECH-4200BLW)

42,800円(05/20 00:47時点)
Amazonの情報を掲載しています