コンパクトかつスタイリッシュなメスティン用ストーブ「OZOPS M8 Stove」

OZOPS M8 Stove

皆さんこんにちは。トランギアのメスティンを購入したのはいいが、会社用の弁当箱にしか使っていないシオナイト(@sheonite)です。

さて、久しぶりのキャンプ関連投稿です。先日、博多の石井スポーツで見た目がカッコいい、メスティン用ストーブを購入しましたので紹介します。

OZOPSの「M8 ストーブ」です。

製品概要

八王子市の金属加工会社発のブランド、OZOPS(オズオプス)が販売している、トランギアのメスティン(TR-210)用固形燃料ストーブです。

わざわざ”トランギア用”と書いたのは、本製品のゴトクの幅が、トランギアのメスティンにぴったりのサイズとなっているためです。 ※ラージメスティンは対応してません

本製品のゴトクはメスティンをピッタリと挟み込むような形状となっており、サイズの異なる他メーカーのメスティンだと、うまくかみ合わない可能性があります。

とはいえ、サイズさえピッタリ合えば当然使用できますので、本製品を買おうかなと思われた方は、ご自身のメスティンが対応しているか、OZOPSの公式サイトで確認してください。

ではパッケージを見ていきます。本製品は薄いステンレス板で構成されているためか、箱ではなく封筒状のパッケージとなっております。

こちらがパッケージ。ストーブが入っているとは思えない。
こちらがパッケージ。ストーブが入っているとは思えない。
こちらがパッケージの裏。輸入食材のお店に置いてあっても不自然じゃない感じ。
こちらがパッケージの裏。輸入食材のお店に置いてあっても不自然じゃない感じ。

少し厚めの脚部パーツが2つ。脚部は折り畳み式になっています。燃料を囲むカゴの部分は薄い金属板が5つ。こちらは互いのパーツを穴に差し込む組み立て式です。

こちらが(おそらく)ステンレスの板を打ち抜いて作られたパーツ軍。脚だけ折り畳み式。
こちらが(おそらく)ステンレスの板を打ち抜いて作られたパーツ軍。脚だけ折り畳み式。

組み上げたイメージがこちら。パッケージに説明書は入っていませんが、パーツを見たらなんとなくどうやって組み立てればいいかわかります。

組み立てイメージ。シンプルかつカッコいい。
組み立てイメージ。シンプルかつカッコいい。

どうしても分からない場合は、公式サイトに写真付きの組み立て手順が載っていますので、そちらをご覧ください。

メスティンを載せたイメージがこちら。ゴトクがメスティンを挟み込むので安定感があります。

しっかりとゴトクに挟まれるメスティン。安定感あります。
しっかりとゴトクに挟まれるメスティン。安定感あります。

自動炊飯やってみた

で、実際に固形燃料を使った自動炊飯を試してみました。

近所にある100円ショップのセリアで固形燃料を買ってきたのですが、これは相性悪かったですね。サイズがちょいと大きい。

セリアで買ってきた固形燃料入れたけど、カップの淵が干渉します。ダメだこりゃ。
セリアで買ってきた固形燃料入れたけど、カップの淵が干渉します。ダメだこりゃ。

カップの両端をハサミで切ったらとりあえずストーブに収めることができました。まぁ、問題はこれだけじゃなかったんですけど…

カップの淵をハサミで切って対処。このひと手間かかるのが余計だな。
カップの淵をハサミで切って対処。このひと手間かかるのが余計だな。

メスティンにお米を1合分入れます。

メスティンに米を入れる。今回は研いでない。
メスティンに米を入れる。今回は研いでない。

今回は白飯ではなく、K&K “CAN"Pの達人の「チキンパエリアの素」を使います。こいつは米を研がずにそのままぶち込めばいいという優れもの。

チキンパエリアの素。とりあえず美味そうだから買った。
チキンパエリアの素。とりあえず美味そうだから買った。
米を入れたメスティンにドバっと入れるだけ。水を足す必要もありません。簡単。
米を入れたメスティンにドバっと入れるだけ。水を足す必要もありません。簡単。
国分 KK

国分 KK

1,342円(05/08 01:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

M8ストーブに固形燃料を入れて火を付けます。IHクッキングヒーターの上で調理というね。アウトドア感ゼロ(笑)。

固形燃料に着火。予想より火が大きくてビビった(最初だけ)。
固形燃料に着火。予想より火が大きくてビビった(最初だけ)。

んで、炊き上がり。はじめてにしては結構うまくいきました。で、想像してたより美味しかった。また買おう。

炊き上がり。火が消えてから15分間、メスティンを裏返して蒸しておきました。少し芯があったけど、美味かった!
炊き上がり。火が消えてから15分間、メスティンを裏返して蒸しておきました。少し芯があったけど、美味かった!

使用後のM8ストーブ。この焼けたところが”味”というやつでしょうか。底面の円い穴が開いた板は熱で反ってしまいましたが、ちょっと力を加えたら反りは直せました。

1回使用した後のパーツ群。焼けてるのは味というやつです。
1回使用した後のパーツ群。焼けてるのは味というやつです。

購入して良かった点

非常にコンパクト

薄いステンレス板の組み合わせなので、バラしたら非常にコンパクトです。メスティン内にスッキリ納まります。

メスティンにパーツを収納したところ。余裕。
メスティンにパーツを収納したところ。余裕。

M8ストーブ、1合分のお米、固形燃料、しゃもじも小さいものを選択する必要はありますが、きっちり収納できます。モンベルの野箸も入りそう。

更にお米、しゃもじ、固形燃料を収納。分割式ならお箸も入りそう。
更にお米、しゃもじ、固形燃料を収納。分割式ならお箸も入りそう。

カッコいい

私のレビューでは「カッコいい」しか言ってないような気がしますが、カッコいいです。

構造がシンプルなのもいいですね。

微妙だった点

組み立てがちょっと面倒

エスビットのストーブみたいに開くだけ、という訳にはいかず、パーツを互いの穴にはめ込んでいく必要があります。

それほど組み立てが難しいわけではないのですが、基本的に穴に差し込むだけなので、脚部以外に触れると簡単に外れたり崩れたりします。

不器用な人はちょっとイライラするかも(笑)。

使う燃料を選ぶ

燃料を入れる箱の部分は、燃焼効率を上げるためか、底面に円い穴があけられています。

ですので、むき出しの固形燃料を使うと、溶けた燃料が下にポタポタと落ちます。

下の穴から燃料がしたたり落ちるの図。
下の穴から燃料がしたたり落ちるの図。

私が今回使ったセリアの固形燃料は、樹脂製のカップに燃料が入っているため、容器が解けた後に燃料が下に落ちてしまいました。

そしてしばらくしたら燃料の塊もポトリ。あ~。

通気のために開いている手前の穴から燃料の塊がポトリ。悲しみ。
通気のために開いている手前の穴から燃料の塊がポトリ。悲しみ。

アウトドアで使用すればそれほど気にならないかもしれませんが、落ちた分の燃料は役に立たないので、燃焼(燃料?)の効率は落ちそうです。

事前にアルミホイールでカップ状の下敷きを作る必要がありそうですね。まぁ最初からアルミカップに入った固形燃料を使えばいいんでしょうが。

今回のオススメ度

今回紹介した「OZOPS M8 Stove」のオススメ度は★★★★☆(星四つ)です。

カッコよくてコンパクト。そしてトランギアのメスティンにピッタリ。だけど他のクッカーを使えるような汎用性はない。そんなところでしょうか。

トランギアのメスティンで自動炊飯やっている方にはオススメしたい逸品です。

ではまた。

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

2,900円(05/07 23:14時点)
Amazonの情報を掲載しています