激かわいいモバイルバッテリー「cheero Power Plus DANBORD version」を買いました

2019年1月20日

DANBORD

皆さんこんにちは。先日まで「ダンボー」がAmazonの公式キャラクターだと勘違いしていたシオナイト(@sheonite)です。

7/20に開催されたAUGM鹿児島で、Amazonの超絶人気商品、『cheero Power Plus DANBORD version』が販売されてたので買ってきました。この製品は、あずまきよひこ氏の人気漫画「よつばと!」に登場するキャラクター「ダンボー」をモチーフにして作られたモバイルバッテリーです。

なかなか手に入らない商品も、こうやって買えちゃう(しかも特価で)ところがAUGMのイイところですよね〜。

DANBORDのパッケージ
DANBORDのパッケージ

開封したらこんな感じです。

箱の中身
箱の中身

本体と充電用のUSBケーブル、そしてかわいいポーチのセットです。ポーチの素材は麻。なかなかこだわってますね。

このポーチはこうやって使います(違)。

|ω・`)チラ
|ω・`)チラ

チラッ (o・д|麻

バッテリーの容量は10,400mAh、iPhoneをだいたい5回くらいフル充電させることができる容量とか。普段使いには十分過ぎる容量ですね。

容量など
容量など

出力側は1Aのと2.1AのUSBポートが1コずつ付いておりまして、iPhoneとiPadを同時に充電することが可能となっております。

USBポート
USBポート

外観や寸法は以前発売されていた「cheero Power Plus」とほぼおんなじ。

旧Power Plusとの比較
旧Power Plusとの比較

前の機種はバッテリーの残量確認ボタンと充電を開始するスイッチが別々に付いてましたが、ダンボーは顔面(笑)にあるボタンに機能が集約されています。

旧Power Plusは使用するためのスイッチが横についていました。
旧Power Plusは使用するためのスイッチが横についていました。

インジケータのLEDが黄色く発光するところも以前の機種と違うところ。この発色にはかなりこだわったと、社長がAUGM長崎で熱弁されてました(笑)。

汗みたいに光る(違)
汗みたいに光る(違)

普段は縁の下の力持ちというか、「小さくてとにかく容量がデカいの」という利便性を重視されることが多いモバイルバッテリーですが、こういう魅力的な製品があると、「もう一個買ってみようかな?」とか、「周りに見せびらかしてやろうかな?」なんて思っちゃいますよね。やっぱりデザインって大事だなぁ。

ちなみにこのダンボー、どのくらいの売れ行きなのか、AUGM鹿児島で紹介がありました。

えげつない売り上げ(笑)
えげつない売り上げ(笑)

お…恐ろしや…(笑)。※一番下の日付は7/18の誤りみたいです