マイクロフォーサーズなのによくボケる標準レンズ「LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.」

2019年2月27日

H-X025

本当は望遠ズームよりこっちが欲しかったんです。明るい単焦点レンズ「LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.」。

35mm判換算で50mmという、いわゆる「標準レンズ」と言われる焦点距離。そして解放F値が1.4。室内撮りの多い私にとってはまさに夢のレンズです。

標準域の単焦点レンズは、以前フォーサーズの「ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8」を所有してました。それなりに明るいレンズだったんですが、室内で人物を撮ったりするのは結構厳しかったりしたんですよね。

まぁカメラが低感度からノイズが出まくるくE-620だったっんで、E-5とかで使ってみれば評価も変わったかもしれませんが。高くて買えなかったけど。

フォーサーズにも一応、同じPanasonicのレンズで「LEICA D SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.」という、間違い探しですか?ていうくらい紛らわしい名称のレンズが存在するんですが、こちらはちょっとお高くて(実売で8万円弱)手が出せなかったんですよね。

まぁ外装が金属だったり、絞りリングが付いてたり、そもそもフォーサーズの市場が(キャノンとかニコンに比べれば)小さかったりするので仕方ないんでしょうけどねぇ。

*おおっと*、話を「LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.」に戻しましょう。結論を言うとこのレンズ、買って良かったと思ってます。現在デフォでGX1に刺さっておりまして、机の上に置いてニヨニヨしながら眺めています(気持ち悪い)。

では、使ってみて気づいたポイントをいくつか紹介いたします。

1.明るい

室内でもシャッタースピード稼げますねぇ。キットレンズだとオートでISO1600とか無慈悲に選択するような場面でも、ISO160(GX1の最低感度)あたりで粘ってくれます。これは楽しい。逆に天気のいい屋外では、明るすぎてシャッター切れなかったりします。そこはまぁ、絞るかNDフィルターを用意する必要がありますね。

2.ボケがきれい

フォーサーズ(含マイクロ)は現在主流のAPS-Cに比べるとボケが少ない規格なのですが、このレンズは結構ボケてくれます。コンデジからデジイチにステップアップした時、一番感動したのが背景のボケ具合だったりしたんですが、その時の感動を呼び覚ましてくれるくらいのボケでした。ピントが合ってるところもシャープでいい感じです。

作例その1
作例その1
作例その2
作例その2

3.GX1にピッタリなデザイン

もっとゴテッと大きいレンズかと思ってたんですが、意外に小さかったです。外装はプラスチックですが、デザインがGX1に合っているので、非常に一体感があります。

レンズ底面とGX1の底面がキレイに揃うので、テーブルに置いても自然な感じです。あ、でも重量バランス的に言うとレンズの方が重くなっちゃうので、ネックストラップで首から下げると、レンズ側がお辞儀しちゃいます。

4.手振れ補正がない

ボディ内手振れ補正のあるOLYMPUSユーザの皆さまには関係のない話ですね。でもLUMIXユーザの方は注意が必要ですよ。明るいレンズですからそこそこ気合でなんとかなりますけど、気合が入らない時は三脚使用をオススメします。

5.意外と寄れない

ブツ撮りしてて思ったのですが、以前持ってた「ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8」より、10cmくらい寄れない感じです。感覚的に「あれっ?」って思うこともしばしば。個人的に困るシーンはないのですが、ブツ撮り用に買いたいと考えてらっしゃる方は、家電量販店などで一度試してから購入することをオススメします。

6.付属のレンズフードがデカい

ネットでこのレンズの情報をチェックしていると、よく目に付くのが「レンズフードがデカい」という話。これはこれでアリかなぁと思ってるんですけど、レンズの大きさを考えるとやっぱりデカいですよね。おまけに逆向きに付けられないので、収納の時も邪魔です。

デカいレンズフード
デカいレンズフード

なお、レンズフードに関しては、ネットで対策が示されています。それはズバリ、『LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.のレンズフードを買う』というもの。このマクロレンズに付いてるレンズフードの型式は「VYC1005」。カメラのキタムラに注文したところ、2週間程で入荷しました。

別売りレンズフード「VYC1005」
別売りレンズフード「VYC1005」
標準のレンズフードとはこんなに違う
標準のレンズフードとはこんなに違う

価格は1,300円。ヨドバシに頼んだらもっと安かったという書き込みもありました。それでも1,100円くらいのようですが。

んで、装着したらこんな感じ。

レンズフード交換後
レンズフード交換後

確かにコンパクトになりました。コンパクト過ぎて逆に「フードの効果無いんじゃね?」って思えるくらい(笑)。ま、見た目ですよね、見た目。

と、こんな具合です。「とにかくマイクロフォーサーズの明るいレンズが欲しい!」という方、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

格好いいな
格好いいな

ちなみに「ヨドバシカメラ・マルチメディア博多」には、GX1にPanasonicのレンズを色々装着して試せるコーナーがあります(2013.06.06現在)。興味のある方はぜひ足をお運びください。…別にヨドバシの回し者じゃないですよ(笑)。