AUGM長崎でベルキンのUSB充電器「BOOST↑CHARGE (27W USB-C)」をいただいたので紹介します

2019年6月15日

belkinのUSB-C充電器

皆さんこんにちは。AUGMのジャンケン大会では、いつも惜しいところで負けてしまうシオナイト(@sheonite)です。

さて、先日お伝えしたとおり、2019年5月18日に開催された「AUGM長崎Plus 2019」に参加してまいりました。本会終了後の懇親会で参加ベンダーさんの協賛品を賭けた抽選会(とジャンケン大会)があったのですが、そこで運良く、belkin(ベルキン)の「BOOST↑CHARGE USB充電器 (27W USB-C)」が当たりましたので、今回はこちらを紹介させていただきます。

製品概要

ベルキンの「BOOST↑CHARGE USB充電器 (27W USB-C)」は名称からもわかるとおり、USB-Cに対応した充電器です。

外箱正面
外箱正面
外箱裏面
外箱裏面

接続端子はUSB-Cしか付いておらず、パッケージにもケーブル類は付属していませんので、例えばiPhoneを充電したいのであれば、別途「USB-C – Lightningケーブル」等を購入する必要があります。

USB-Cの端子
USB-Cの端子
プラグ側。収納できるので、持ち運びの際、邪魔にならなくていい感じです。
プラグ側。収納できるので、持ち運びの際、邪魔にならなくていい感じです。
同梱品の全て。本体以外は処方箋のような紙切れ(説明書等)しか入っていません。
同梱品の全て。本体以外は処方箋のような紙切れ(説明書等)しか入っていません。

本製品最大の特徴はやはり、「USB PD (USB Power Delivery)」に対応しているということでしょうか。対応ケーブルを用意する必要はありますが、iPhoneや対応したモバイルバッテリーを急速充電することができます。

私は普段、iPhoneを充電するのに、同じベルキンの「BOOST↑UP Wireless Charging Pad」という無線充電器を使っているのでUSB-C – Lightningケーブルは持っていないのですが、USB PDに対応したcheeroの「cheero Power Plus 4 13400mAh」をいつも使っているので、今回はそちらの充電に使用してみました。

ベルキンの充電器とチーロのバッテリーをUSB-Cケーブルで接続。なお、USB-C to Cケーブルはチーロのバッテリーに付属しています。
ベルキンの充電器とチーロのバッテリーをUSB-Cケーブルで接続。なお、USB-C to Cケーブルはチーロのバッテリーに付属しています。

結果、かなり早く充電できます。…って、本来なら実測値を乗せるのがスジだと思うのですが、そんなヒマはありませんでした(ヲイ)。cheeroさんのサイトでは、満充電に4.5時間とありますが、だいたいそんな感じです(他力本願)

とはいうものの、今までこのバッテリーをUSB-C to AケーブルとiPhone純正の充電器で充電した場合、ほぼカラの状態から満充電まで一晩かかっていましたので、体感できるほど充電時間が短くなったのは確かです。

ちなみにベルキンさんのサイトによると、iPhoneであれば30分で約50%ほど充電できる能力があるみたいですよ。

購入してよかった点

今回は購入していないのですが(笑)

やはりUSB PDの急速充電は便利です。お出かけ前にiPhoneのバッテリーが減っていることに気づいて焦ったことがある方や、モバイルバッテリーへの充電に時間がかかってイライラしている方などは必携でしょう。

微妙だった点

まだちょっとお高いですかね、今回は購入していないのですが(再)

Amazonでだいたい3,000円くらい(2019年6月2日現在)ですし、使用するためにUSB PD対応ケーブルまで揃えると合計5,000円くらいにはなってしまうかもしれません。

iPhoneに付属する充電器だって、そのうちUSB PDに対応してくる可能性も十分にありますしね。今すぐに買ったほうがいいとはなかなか言いにくいです。

今回のオススメ度

シオナイト的オススメ度は★★★☆☆(星三つ)です。

良い製品だと思うのですが、ちょいとお高い感じがします(お前買ってねーだろ)。Amazonを見ると、もっとお安いUSB PD対応充電器はありますし、もうちょっと我慢すれば、スマホを買い替えたときにUSB PD対応充電器が付いてくるかもしれませんしねぇ…微妙なところです。

とはいうものの、既にUSB PD対応機器を所有していて、日々、充電時間の遅さにに不満を持っている方にはオススメしたい製品です。

それに、安全上十分に注意が必要な電気を扱う製品ですので、信頼性の高そうな製品を選んでおくことは大事ですからね。

それではまた。