「iPhone XS」用本革スリーブケースを買ってみた。

2019年2月7日

本革スリーブケース(ネイビー)

どうも、iPhoneは常に慎重に扱っているシオナイト(@sheonite)です。

先日「iPhone XS」を購入したのですが、剥き身で持ち歩くのも怖いのでスリーブケースを買ってみました。

故スティーブ・ジョブズは自社製品のデザインに誇りを持っていて、iPodだかiPhoneだか忘れましたが、ケースを付けている人に対して「私の製品に馬の糞を付けているね」と言ったという逸話があります(出典不明)。

その話を聞いて以来、私は本体に直接付けるiPhoneケースは使用しておりません。早い話がジョブズ信者ですね(痛い)。

スリーブケースの概要

今回購入した製品は「iPhoneXs iPhoneX 本牛革レザースリーブケース ハンドメイドカバー」です(長い)

オシャレなパッケージで好感が持てますね。
オシャレなパッケージで好感が持てますね。

同製品にはダークブラウン、ネイビー、ブラック・ブラック、ブラック・レッド、レッドの5種類のカラーバリエーションがあります。ブラック・ブラックとブラック・レッドの違いは、サイドステッチ(紐)の色の違いです。

「熟練の職人」とは(どうやらタイ製造らしい)。
「熟練の職人」とは(どうやらタイ製造らしい)。

ブラック・レッドもなかなか格好良さそうだったのですが、今回は在庫の少なさから人気のありそうなネイビーにしてみました(安直)。

内側はスエードで、出し入れする際にボディの汚れが取れます。
内側はスエードで、出し入れする際にボディの汚れが取れます。

購入して良かった点

  • 革の質感が良い
  • ジャストフィットでずり落ちない
  • iPhoneを綺麗に保てる

上記のとおりおおむね満足です。使い込んでいるうちに表面が味のある感じに変わっていくと思うので、いまから楽しみです。

ジャストサイズなので収納してもそれほどかさばりません。
ジャストサイズなので収納してもそれほどかさばりません。

微妙だった点

  • ステッチにボタンが引っかかる

スリーブにiPhoneを収納する際、デザイン上のアクセントとなっている左右のステッチ部分にiPhoneのボタン(特にサウンドオン/オフボタン)が引っかかります。

使用しているうちに革に柔軟性が出てきたり伸びたりすることを期待したいのですが、毎回ちょっと干渉する感じが気になります。無神経に出し入れしてるとそのうちステッチが切れてしまいそうです。

ジャストサイズなので、左右のステッチをボタンで擦ってしまうのがちょっと気がかり。
ジャストサイズなので、左右のステッチをボタンで擦ってしまうのがちょっと気がかり。

なので私はiPhoneを収納する際、ちょっとねじるように入れて、ボタンができるだけ当たらないよう気をつけて使用しています。

今回のオススメ度

シオナイト的オススメ度は★★★★☆(星4つ)です。

価格が4,000円程度とそれなりにしますが、納得できる仕上がりです。本革で高いものはもっとしますしね。

本体は裸で使いたいけど、普段はケースに入れて保護したいと思っている方にとっては良い製品だと思いますよ。