メガドライブの新作音ゲー「16BITリズムランド」を買ってみた

2019年5月5日

16BITリズムランド

皆さんこんにちは。スーファミよりもメガドラ派だったシオナイト(@sheonite)です。先日、面白そうなゲームが発売されたので買ってみました。メガドライブの新作ソフト「16BITリズムランド」です。

製品概要

タイトル画面
タイトル画面

家庭用ゲーム機に詳しい方ならよくお分かりだと思いますが、メガドライブ(以下「メガドラ」)というゲーム機、もう販売されておりません。発売開始されたのは実に30年以上前。それなのに新作発売。正気とは思えないですね(褒め言葉)

16BITリズムランド」は、(株)コロンバスサークルという会社が発売したリズムアクションゲームです。メガドラはFM音源を搭載したゲーム機で、その透き通った(ヘッドホンアンプは最悪でノイズ混じりでしたが)音は、一部偏屈なメガドライブマニアに絶大な人気を誇っていました。ですので、音ゲーはそんなメガドラの魅力を活かせるジャンルと言えるかもしれません。

このゲーム最大の特徴はなんといっても作曲陣が豪華なところ(後述)でしょう。私なんか、「古代祐三さんが参加されてる。しかも初回限定でサントラが付いてる!」というだけで、どんなゲームかもよく確認せず、Amazonでポチってしまいました。

ちなみにこの商品、セガの正式なライセンス商品ではありません。まぁ今頃ライセンス申請したってセガも困りますよね。

それにしても作曲された皆さん、1曲いくらくらいで請けられたんでしょうかねぇ。それほど売れるゲームとは思えないんですけど(だいぶ失礼)

それでは、収録されている4本のミニゲームを、私のへなちょこプレイ動画を添えて紹介いたします。

走ガール Running Girl

「走ガール」タイトル
「走ガール」タイトル画面

横スクロールジャンプアクション。右から左に転がってくる敵をジャンプ(Aボタン)で避けます。難易度によってはキック(Bボタン)も使います。

動画で選択した曲は古代祐三さん作曲のもの。いかにも古代さんって感じです。

メロディアンシールド MELODIAN SHIELD

「メロディアンシールド」タイトル画面
「メロディアンシールド」タイトル画面

タイミングよく3箇所のシールドを起動させて敵の攻撃を防ぐゲーム。今回遊んだ4本の中では一番面白かったです。このゲームだけEASYでパーフェクト取れました(笑)

シールド装置は縦に3つ並んでおり、上からそれぞれAボタン、Bボタン、Cボタンが対応します。ですのでプレーするときは、ボタンが縦に並ぶよう、パッドの向きを変えると難易度がグッと下がります。

動画で選択した曲はTAMAYOさんの曲。いかにもTAMAYOさんって感じです(またか)

ミュージックベースボール Music Baseball

「ミュージックベースボール」タイトル画面
「ミュージックベースボール」タイトル画面

ピッチャーが投げる球をタイミングよくバットを振って打ち返します。使用するボタンはAボタンのみ。単純です。

ちなみに動画の曲は中潟憲雄さんのもの。中潟さんっぽい…かどうかはわかりませんでした(笑)

アースクライシス EARTH CRISIS

「アースクライシス」タイトル画面
「アースクライシス」タイトル画面

一言でいうとインベーダーゲーム。敵は動かず、自機が勝手に左右に動きますので、タイミングよくボタンを押して敵を撃破します。

んが、このゲームボタンの判定がなんか鈍い。思ったように弾が出てくれません。なので紹介動画の内容も散々なことになっています(笑)

動画で選択した曲は並木学さんのもの。まさに並木さん!っていう曲ですね(笑)。このゲームに収録されている曲の中では一番好きかも。

購入して良かった点

作曲陣が豪華

このゲームに楽曲を提供されている作曲陣が実に豪華です。分かる人にはわかる。

  • 中潟憲雄
  • WING☆GHOST
  • 大野木宣幸
  • COSIO
  • 古代祐三
  • TAMAYO
  • TECHNOuchi
  • 並木学
  • ヨナオケイシ

以上、敬称略。どうしてこんなに豪華なメンバーが集まったのか。不思議です。

操作が単純

ボタンをタイミングよく押すだけですので、複雑な操作は一切必要ありません。リズム感と反射神経は必要ですが。

サントラCDが付いてた

初回出荷版の限定特典として、サントラCDが付いていました。ていうかむしろ、私はこれ目当てで買いました。CD1枚と考えると値段が高かった(Amazonで6,458円)ですが、おまけでゲームが付いてくると考えれば、それほど悪くなかったかなと思います(おい)

微妙だった点

操作性が悪い

押したと思っても入力を受け付けてくれなかったり、押してからちょっとズレて反応したりします。かなりストレス。

音と入力タイミングが合ってない

動画を観ていただいたらなんとなくわかると思うのですが、「COOL」判定の入力でも、音楽と効果音と映像が微妙にズレている感じがします。だいぶストレス。

すぐ飽きる

音楽が1ゲームあたり5曲用意されているうえ、難易度も「EASY」「HARD」「HELL」の3段階ありますので十分やり込めそうですが、いかんせん基本のゲームが4種類だけなのですぐ飽きます。おまけに上で説明したとおり、操作性と入力タイミングに違和感ありまくるので、遊んでいても全然気持ちよくありません。残念です。

今回のオススメ度

シオナイト的オススメ度は★★☆☆☆(星二つ)です。あまり完成度が高いとは言えませんねぇ…

ちなみにメガドラ/メガドラ互換機用の本作とは別に、ファミコン/ファミコン互換機用ソフト「8BITリズムランド」というゲームも発売されております。が、メガドラ版の出来をみる限り、そちらも期待できそうにないなぁ…(買う気ゼロ)

ではまた。