MacでLoLが動くことを知ったので早速Logicoolのゲーミングマウス「G300S」を買ってみた

Logicool G300s

皆さんこんにちは、積みゲーマーのシオナイト(@sheonite)です。

先日、録画していたNHKのBS1スペシャル「キズナでつかむ僕たちの青春〜eスポーツ高校選手権〜」を観たんですけど、それ以来、大会で使用されたゲーム『リーグ・オブ・レジェンド(通称LoL)』が気になってしょうがありません。

これが「リーグ・オブ・レジェンド」。私の第一印象は『なんかヘルツォーク・ツヴァイみたいだな』です(メガドライバー)
これが「リーグ・オブ・レジェンド」。私の第一印象は『なんかヘルツォーク・ツヴァイみたいだな』です(メガドライバー)

色々調べてみるとこのLoL、eスポーツで扱われるゲームには珍しく、Mac用のクライアントソフトがリリースされているではありませんか。これはもう遊ぶしかない!

で、早速LoLのMac版をインストールしてみたのですが、さすがに「Magic Trackpad 2」では操作が厳しい(笑)。ということで意を決してゲーミングマウスを買うことにしました。

製品概要

今回購入したのは、Logicoolのゲーミングマウス「G300S」です。

化粧箱の表面
化粧箱の表面
化粧箱の裏面。マウスにメモリを搭載し、設定を保存しておけるみたいです。
化粧箱の裏面。マウスにメモリを搭載し、設定を保存しておけるみたいです。

ゲーミングマウスはいろんなメーカーが販売していますが、Logicool製品はMac用の設定アプリケーションがあると聞きましたので、もう最初からLogicool一択でした。

箱の中身はこれが全て。
箱の中身はこれが全て。
ダンボールの緩衝材にセットアップ方法が簡単に書かれています。
ダンボールの緩衝材にセットアップ方法が簡単に書かれています。

Logicoolのゲーミングマウスは何種類もありますが、今回はとりあえず安いモデルを買いました。高性能モデルはガッツリハマってから検討したいと思います。お金もないし。

今回はマウスパッドも一緒に購入。ロゴが揃うだけでもなんか強そうな感じがしません?
今回はマウスパッドも一緒に購入。ロゴが揃うだけでもなんか強そうな感じがしません?

購入してよかった点

程よい大きさと重量

私の手にピッタリの大きさでした。まぁ散々ヨドバシでいろんな種類のマウスを試してみましたからね。マウスを購入するにあたって、実物を触ってフィット感を確かめることって大事ですよね。

持ちやすい形状です。万人ウケするタイプ。
持ちやすい形状です。万人ウケするタイプ。

光る

光ります。カッケー!

光ってるだけでなんかテンション上がりますね。
光ってるだけでなんかテンション上がりますね。

Mac用の設定ソフトウェアがある

これは非常にポイント高いです。ゲーミングマウスの多くは、Windowsを使わないとボタンのマクロ設定などができません。

実際私も以前、エレコムのゲーミングマウスを持っていたのですが、Macでは設定ができないため、単なる2ボタン+ホイールマウス化していました。意味ね〜!

でもLogicoolなら安心です。MacでもLogicool Gaming Softwareをインストールすることで、細かな設定ができるようになります。

「Logicool Gaming Software」でボタンに機能を割振れます。ライトの色も変更可能。
「Logicool Gaming Software」でボタンに機能を割振れます。ライトの色も変更可能。

微妙だった点

ケーブルが硬い

あんまり不満点は無いのですが、強いて言えばケーブルが硬いことでしょうか。

ケーブルがちょっと硬いので、使っているうちにマウス側の付け根とか断線しそうな不安があります。ケーブル長2.1mも微妙に長い。
ケーブルがちょっと硬いので、使っているうちにマウス側の付け根とか断線しそうな不安があります。ケーブル長2.1mも微妙に長い。

マウスは頻繁に操作するものですから、ケーブルにはある程度の柔軟性が欲しかったのです。そのうちマウス側の付け根部分が断線しそうな気がします。

まぁ値段を考えると仕方ないですかね。むしろ壊れるまで使い倒すようであれば、その時はもっと高性能なマウスを欲しがっていると思いますが。

今回のオススメ度

Logicoolのゲーミングマウス「G300S」のシオナイト的オススメ度は★★★★☆(星四つ)です。

ケーブルがちょっと硬かったり、センサーが安価な光学式だったりしますが、約3,000円(2019年7月28日現在)という価格を考えれば十分な性能だと思います。

ゲーミングマウスが気になるけど、高いものを買ってもそのうちゲームやらなくなって宝の持ち腐れになるんじゃないかなぁと思っているMacユーザにピッタリの製品だと思います。もちろん私のことですが(笑)

ではまた。