F1の2018年最終戦アブダビGPを走ったトロロッソ「STR13」の様子を見てみよう(F1ニュースサイト直訳風)

2019年2月3日

STR13の勇姿!

皆さんこんにちは。F1中継視聴歴が30年近いシオナイト(@sheonite)です。2019年のF1もいよいよ、2/18からのバルセロナプレシーズンテストから始まりますね。楽しみです。

そんなF1開幕を前に、Hondaのウエルカムプラザ青山にて、昨年の最終戦アブダビGPを走ったスクーデリア・トロロッソ・ホンダのマシン「STR13」と、STR13に搭載されていたパワーユニット「RA681H」が展示されていましたので見に行ってみました。

展示されている場所は先ほども申し上げましたが、東京都港区にあるホンダウエルカムプラザ青山。東京メトロ銀座線の青山一丁目駅を出てすぐのところです。

ウエルカムプラザ青山の外観
ウエルカムプラザ青山の外観

ウエルカムプラザの斜め前にはアストンマーティンが見えます。ちなみに今シーズンのレッドブルのマシンは「アストンマーティン・レッドブル・ホンダ」です(ややこしい)。

ウエルカムプラザから見えるアストンマーティン(赤丸)
ウエルカムプラザから見えるアストンマーティン(赤丸)

STR13フォトギャラリー

それではSTR13をいろんな角度から見てみましょう。写真はiPhoneで撮影したので写りはそれなりです。ご了承ください。

自動ドアを抜けたらいきなりSTR13がお出迎え。テンションが一気に上がりました。
自動ドアを抜けたらいきなりSTR13がお出迎え。テンションが一気に上がりました。
諸元表あったけど柵のすぐ横で読みにくかった。
諸元表あったけど柵のすぐ横で読みにくかった。
正面から。格好いい!
正面から。格好いい!
真後ろ。車体下にあるディフューザーの形状がよくわかりました。
真後ろ。車体下にあるディフューザーの形状がよくわかりました。
HONDAのパワーユニット搭載の証。
HONDAのパワーユニット搭載の証。
ガスリー様のお名前が。高まる。
ガスリー様のお名前が。高まる。
柵があってコックピットを覗き込むことができませんでした。ペダルとかも見たかったんですけどこれが限界。
柵があってコックピットを覗き込むことができませんでした。ペダルとかも見たかったんですけどこれが限界。
左リアタイヤ側から望む。
左リアタイヤ側から望む。
左リアタイヤ周辺。
左リアタイヤ周辺。
サイドポンツーン周辺。複雑なバージボードも見て取れますね。
サイドポンツーン周辺。複雑なバージボードも見て取れますね。
エキゾーストパイプ周辺。虹色っぽくなってるのはチタンだからかな?この辺りも細かいエアロパーツが付いてます。
エキゾーストパイプ周辺。虹色っぽくなってるのはチタンだからかな?この辺りも細かいエアロパーツが付いてます。

RA681Hフォトギャラリー

続いてパワーユニットRA681H。こちらはクリアなケースに収められての展示でしたので、写真の写り込みがひどくて、あまり綺麗に撮れてません。

RA618Hの説明書き。
RA618Hの説明書き。
パワーユニットを右サイドから。写り込みがひどい(笑)
パワーユニットを右サイドから。写り込みがひどい(笑)
パワーユニットを左前方から。
パワーユニットを左前方から。
同じく左後方から。これが一番見やすいですね。ゴテゴテ感が凄いです。
同じく左後方から。これが一番見やすいですね。ゴテゴテ感が凄いです。

Hondaのパワーユニットはコンパクトと言われてましたけど、実物見ると思ってたより大きくて少し驚きました。

パワーユニットの解説。
パワーユニットの解説。

おわりに

それにしてもトロロッソのマシン、カラーリングがとっても綺麗ですよね。昨シーズンのマシンの中では一番好きなカラーリングでした。

なお、今回の展示は常設ではなく、2019年1月22日〜2月7日、2019年2月16日〜28日の期間限定となっておりますので、興味のある方はお早めに足をお運びください。

今シーズンはいよいよ、レッドブル本家のマシンにHondaのパワーユニットが搭載されます。

開幕が非常に楽しみですね。ではまた。

STR13を正面から縦構図で。見に来てるのサラリーマンばっかりでした。
STR13を正面から縦構図で。見に来てるのサラリーマンばっかりでした。

【関連リンク】ホンダ公式HP