micro:bitで遊んでみよう!(7)〜ファミマ入店音編〜

2019年6月19日

ファミマとmicro:bit

皆さんこんにちは、どちらかといえばLAWSON派のシオナイト(@sheonite)です。今回はmicro:bitから音を鳴らすことにチャレンジしてみたいと思います。

micro:bit本体にはスピーカーが付いていないため、micro:bit関連の書籍では、ワニ口クリップとかイヤホンを用意しましょうとか書いてあるのですが、先日スイッチサイエンスから購入した電源ボードには圧電スピーカーが搭載されていますので、そこからお手軽に音を鳴らすことができます。

とはいうものの、micro:bitからは単純なブザーのような音しか出せませんし、壮大な曲だと入力作業で疲弊してしまいそうなので、シンプルな曲、ファミマの入店音でお馴染みの、メロディーチャイムNo.1 ニ長調 作品17「大繁盛」にチャレンジです。

今回もプログラミングはmicro:bitのMakeCodeから行います。使用するブロックはシンプルにこの3つ。

今回使用するブロック
今回使用するブロック

ずっと鳴られても困るので、Aボタンを押した時だけ鳴るようにします。

音の高さのところをクリックすると鍵盤が現れる親切設計。クリックするとちゃんとそこの音が出ます。

どんな音かは鍵盤を押して確認
どんな音かは鍵盤を押して確認

そしてできあがったのがこちら。

メロディ入力完了
メロディ入力完了

音の長さは実際に鳴らしてみて適当に決めています。

では鳴らしてみましょう。

うん、それっぽく鳴りましたね。ボリュームが小さいのはご愛嬌。

以上、ファミマ入店音編でした。ファミコン並みにガンガン音が鳴らせるんであれば遊び甲斐があるのですが…まぁしょうがないですね。これ以上は深入りしません(笑)

次は光センサーあたりを使って遊んでみたいと思います。

micro:bitではじめるプログラミング ―親子で学べるプログラミングとエレクトロニクス (Make:PROJECTS)

micro:bitではじめるプログラミング ―親子で学べるプログラミングとエレクトロニクス (Make:PROJECTS)

スイッチエデュケーション編集部
2,160円(06/26 06:34時点)
発売日: 2017/11/25
Amazonの情報を掲載しています