屈辱のダウングレード「RTX 2070 super」を下取りに出して「RTX 2060 super」を買いました(アホ )


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/sheonite-blog/www/wp/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 143
玄人志向の2060s

皆さんこんにちは。ハズレを引く達人のシオナイト(@sheonite)です。

以前お伝えしたとおり、私の自作PCに組み込んだグラボ「RTX 2070 super」は、イビキのようなノイズを発するハズレ製品でした。

ノイズ以外に不具合はなかったので我慢して使っていたのですが、一度気づいてしまったら、もう気になって気になって仕方がない。ということで、思い切ってグラボ買い換えることにしました。

とはいうものの、同レベルの製品をポンポン購入できるほど金は無い。散々迷った挙句、2070 superの下のグレードになる「RTX 2060 super」を購入しました。

屈辱のダウングレードです…

製品概要

今回購入したのは、玄人志向の「GARAKURO GAMING GG-RTX2060SP-E8GB/DF」です。

玄人志向の2060SUPER。まぁ安い。
玄人志向の2060SUPER。まぁ安い。

本当はASUSの製品が欲しかったのですが、微妙に高かったので断念。

こちらは箱の裏側です。
こちらは箱の裏側です。

同じ価格帯でより高性能なAMDの「RADEON 5700XT」もあったのですが、GeFoce信者なのでこちらを選択。レイトレ非対応というのもなんか悔しいですし(レイトレ対応ゲームとかやらないけど)

製品はこんな感じ。

こちらがグラボのファン側。ファンは黒でいいんだけどなぁ。
こちらがグラボのファン側。ファンは黒でいいんだけどなぁ。
グラボの裏側。廉価製品でもさすがRTX、バックパネルはあります。
グラボの裏側。廉価製品でもさすがRTX、バックパネルはあります。

光る二連ファンと、側面にはこちらも光る「WHAT’S YOUR GAME?」の文字。「GeForce RTX」みたいなシンプルな文字で良かったのに。なんだそりゃ。

「GeForce RTX」だけでよかったんだけど...
「GeForce RTX」だけでよかったんだけど…

出力はDisplayPort ×2、HDMIの3系統。ん〜DPは3つ欲しかったなぁ。まぁコスト削減の結果でしょうけどね。

端子類。8GBメモリなんだからDPもう1コくらい付けてほしかった。
端子類。8GBメモリなんだからDPもう1コくらい付けてほしかった。

全体的な印象は「あんまりカッコよくないなぁ」ってところ。まぁファンの中央に『玄人志向』という激ダサなステッカーを貼られていないだけマシか(笑)

ベンチマーク結果

「RTX 2060 super」のベンチマーク結果です。ベンチマークソフトは以下の4本。条件は全てフルHD、フルスクリーン、画質設定最高です。

ドラゴンクエストX

ドラクエXはGPUの性能低くても大丈夫。Core iの10世代だったら内蔵GPUでも結構余裕だったりします。
ドラクエXはGPUの性能低くても大丈夫。Core iの10世代だったら内蔵GPUでも結構余裕だったりします。

「ドラクエX」はRTXだとどう考えてもオーバースペック。でもなぜだかわかりませんが、GTX1650が21712なのに対して、今回は21377と若干のスコアダウン。

まぁ誤差の範囲だとは思いますけどね。

ファイナルファンタジーXIV

FFXIVはRTXだと非常に快適です。
FFXIVはRTXだと非常に快適です。

超人気国産MMORPG、「ファイナルファンタジーXIV」です。

こちらも今となってはそれほどGPU負荷が大きいゲームではないため、最高品質で「非常に快適」判定です。4Kだと重いのかもしれませんが、そちらは試すのを忘れてました。

ファイナルファンタジーXV

激重ベンチマークFFXVでは高品質でとても快適。
激重ベンチマークFFXVでは高品質でとても快適。

高品質設定だと激重なRPG、「ファイナルファンタジーXV」です。

結果、とても快適判定。フルHDだったら全く問題ないです。ただ、高品質だとたまに60FPS割り込むことがあります。

3DMark

ベンチマーク専用ソフト3DMark。無料で使用できる「Time Spy」で計測しました。
ベンチマーク専用ソフト3DMark。無料で使用できる「Time Spy」で計測しました。

ベンチマーク専用ソフトの「3DMARK」です。

こちらのソフトは一部有料なのですが、「Time Spy」というモード(?)であれば無料で使用できます。興味のある方はSteamへどうぞ。

んで、2060 superのスコアは8364。そこそこスムーズといった感じ。

「RTX 2070 super」「GTX 1650」との比較

参考までに、今回手放した「RTX 2070 super」と、バックアップ用に保有している「GTX 1650」と比較したグラフを載せておきます。

ただし、上記2機種はメインメモリ16GBで計測していますが、今回は32GBに増設しています。その影響がちょっとでているかもしれない。

それっぽくグラフにしてみた。
それっぽくグラフにしてみた。

ドラクエの結果が興味深い。

購入して良かった点

コスパが良い

RTXの中では廉価グレードにあたりますが、フルHDであれば最新ゲームでも快適に遊べるスペックなので、それなりに性能の良いグラボを長く使いたいと考えている方には良い選択肢になると思います。

私自身、2070sとの違いはあまり感じていないです。

微妙だった点

ちょっぴりダサい

個人的な感想ですが、かっこいいデザインとはあまり思えません。「WHAT’S YOUR GAME?」とか光っててもねぇ…(笑)

なぜか光る「WHAT'S YOUR GAME?」。それは光らんでもよい。
なぜか光る「WHAT’S YOUR GAME?」。それは光らんでもよい。

あと、二連ファンが光るのも好きじゃない。そもそも光り方を制御できないので、マザボとかケースファンのLEDと同期してくれません。美しくない。

せめてLEDは消せるようにして欲しかったです。

今回のオススメ度

シオナイト的オススメ度は★★★☆☆(星三つ)です。

市場に出回っている「GeForce RTX 2060 super」の中では安い方ですので、グラボにあまりお金をかけたくないけどそこそこ高性能な製品が欲しい!という方にはピッタリだと思います。

ただ、先日RTXの3000番台が発表になりましたので、このタイミングで2000番台を買うのは微妙。

ちなみにグラボの鳴きですが、かなり小さくはなったものの、やっぱり聞こえます。

ダウングレードしてこれかよ。死にたい。