コンパクト撮影スタジオが付録のDIME(ダイム)2021年2・3月号を買ってみた

組み立てたらこんな感じ。ライトが暗いという噂もありましたが、必要十分な気がする。

皆さんこんにちは。雑誌の付録がキャンプ用品だったりするとすぐに買ってしまうシオナイト(@sheonite)です。

さて、小学館が発行している雑誌「DIME(ダイム)」は普段買ったりしないのですが、2020年12月に発売された2021年2・3月号の付録「コンパクト撮影スタジオ」が便利そうだったので思わず手を出してしまいました。

この号は結構人気なようで、12月の時点で既に店頭・Amazonともにほぼ売り切れのようです。2021年2・3月号なのにそれってどうなのよ?

製品概要

小学館が2020年12月16日に発売した雑誌「DIME(ダイム)2021年2・3月号」、990円(税込)です。

これが「DIME」の2021年2・3月号。付録がはみ出してます。鬼滅好きにとっては「鬼滅の刃超研究」が刺さりそう。
これが「DIME」の2021年2・3月号。付録がはみ出してます。鬼滅好きにとっては「鬼滅の刃超研究」が刺さりそう。
これが付録の箱。
これが付録の箱。

付録は「コンパクト撮影スタジオ」。折り畳み式のボックスに、USBで給電するLEDライトが付いたもの。モバイルバッテリーで使えるのは便利ですね。

これが箱の中身。折りたたまれた本体と背景シートが白黒1枚ずつ。あとは給電用のUSBケーブル。
これが箱の中身。折りたたまれた本体と背景シートが白黒1枚ずつ。あとは給電用のUSBケーブル。
本体を展開したら内側の切れ込みに背景シートをひっ掛けます。
本体を展開したら内側の切れ込みに背景シートをひっ掛けます。
後は箱型に組んで左右のスナップボタンで留めるだけ。超簡単。
後は箱型に組んで左右のスナップボタンで留めるだけ。超簡単。

寸法は縦・横・高さともに20cm程度。大きさ的に小物撮影用といった感じでしょうか。

組み立てたらこんな感じ。ライトが暗いという噂もありましたが、必要十分な気がする。
組み立てたらこんな感じ。ライトが暗いという噂もありましたが、必要十分な気がする。
LEDライトは上部の庇(ひさし)みたいなところに20灯、直線的に並んでいます。
LEDライトは上部の庇(ひさし)みたいなところに20灯、直線的に並んでいます。

背景シートは白と黒の2枚が付いています。撮影物によって背景を変えられるのはいいですね。

背景シートのアップ。わかりづらいですが、ウレタンっぽい素材でできてます。柔軟性はありますが、気を付けて扱わないと折り目とかは付きそう。
背景シートのアップ。わかりづらいですが、ウレタンっぽい素材でできてます。柔軟性はありますが、気を付けて扱わないと折り目とかは付きそう。

作例

背景シートを変えながら適当に撮影してみました。機材はOLYMPUSのミラーレス一眼「E-M1(初代)」と、交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」の組み合わせです。

カービィのフィギュア

ガチャガチャの景品ぐらいの大きさのモノだったらちょうどいい大きさですね。

白背景で撮影。影の部分もきれいに映りますので小物撮影にはいいですね。ホワイトバランス狂ってる気がしないでもない。
白背景で撮影。影の部分もきれいに映りますので小物撮影にはいいですね。ホワイトバランス狂ってる気がしないでもない。
こちらは黒背景で撮影。陰影がはっきりしますね。
こちらは黒背景で撮影。陰影がはっきりしますね。

CD(ザ・スキーム)

CDくらいの大きさのものだとどうなるのか試してみました。フリマアプリやネットオークションでCD売る人多いと思いましたので。ちなみに被写体は古代祐三さんの「ザ・スキーム」です。本人のサイン入り(プチ自慢)。

まずは普通に置いて撮影しましたが、真正面から撮影できないのでどうしても台形に写ってしまいます。

白背景でCDを下に置いて撮影。どうしても斜めからの撮影になるので、台形になってしまうのが残念。
白背景でCDを下に置いて撮影。どうしても斜めからの撮影になるので、台形になってしまうのが残念。
こちらは黒背景。締まって見えるのでなかなか良いなと思いましたが、被写体が大きいので左右の白壁が写ってしまいます。ぐぬぬ。
こちらは黒背景。締まって見えるのでなかなか良いなと思いましたが、被写体が大きいので左右の白壁が写ってしまいます。ぐぬぬ。

CDを撮るには少し横幅も足りない感じです。

試しにCDを立てて真正面から撮影してみました。

白背景にCDを立てて、真正面から撮影。これいいじゃん!と思いましたが、CDの下部に床の白が反射してしまってます。
白背景にCDを立てて、真正面から撮影。これいいじゃん!と思いましたが、CDの下部に床の白が反射してしまってます。
黒背景に変えてCDを立てたまま正面から撮影。床の反射は無くなりましたが、左右の壁が入ってしまうのが残念。
黒背景に変えてCDを立てたまま正面から撮影。床の反射は無くなりましたが、左右の壁が入ってしまうのが残念。

う~ん…CDくらいの大きさのものだとサイズ的に厳しいですなぁ。

あとがき(感想)

軽量コンパクトで扱いがシンプルです。被写体に応じて背景シートを交換できるのもいい感じ。フリマアプリやオークションで小物を販売する方にはなかなか良い商品だと思います。

ただこの商品、「meets(ミーツ)」という100円ショップに行くと440円で売られているらしいんですよね。

マイナーな(失礼)100円ショップなので近所に店舗がない場合は仕方ないですが、この商品のためだけに倍以上のお金を払うのはなんか微妙。

もちろん、雑誌の方に550円以上の価値を見いだせれば(更に失礼)問題ないのでしょうけど。

この撮影ボックスではサイズ的に足りなくて、なおかつ真上からも撮影したいということであれば、少しお高いですけどハクバあたりのちゃんとした製品を買った方が幸せになれそうな気がします。

ではまた。

DIME(ダイム) 2021年 2・3月合併号 [雑誌]

DIME(ダイム) 2021年 2・3月合併号 [雑誌]

1,508円(01/25 20:53時点)
発売日: 2020/12/16
Amazonの情報を掲載しています