TVゲーム機(実機)の映像を高画質で録画したくてキャプチャーボード「elgato 4K60 PRO MK.2」を買いました

4K60 PRO MK.2

皆さんこんにちは。「Minecraft Dungeones」を買ったはいいけど、一緒に遊んでくれる友達がいないので、ずっとソロプレイのシオナイト(@sheonite)です。むなしい。

さて、以前、ゲームのプレー動画配信やゲーム実況をやりたくてアイ・オー・データの「GV-USB2/HQ」を買った私ですが、アナログ接続なので画質があんまり良くなかったり、プレビュー画面の遅延が大きかったりして結局全然使わなくなっちゃったんですよね。

で、折角ゲーミングPCを自作したんで、MacのParallelsで無理矢理使うUSB接続ではなく、PCIスロットに接続する高性能なキャプチャーボードでも試してみるか、ということで、今回elgatoの「4K60 PRO MK.2」を買ってみました。

製品概要

4K60 PRO MK.2」は、elgato(たぶんコルセア傘下?)が発売しているPCI Express接続に対応したキャプチャーボードです。

ブルーな箱が格好いい。
ブルーな箱が格好いい。

対応する映像は4K、60FPS、さらにHDRまでOKという最強仕様なので、現行の家庭用ゲーム機であれば映像の品質を落とすことなく取り込むことが可能です。

箱の裏面。仕様や特徴がぐわ〜っと書かれているけど全部英語。
箱の裏面。仕様や特徴がぐわ〜っと書かれているけど全部英語。

「PS4ならシェア機能あるからいいじゃん」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、PS4のシェアって微妙に映像が汚かったりするんですよね。Proでも確か4Kでは録画(配信)できなかったと思うし。

では開封してみましょう。

化粧箱の中に更にしっかりした箱が入っています。格好いい。
化粧箱の中に更にしっかりした箱が入っています。格好いい。
箱を開けると本体がお目見え。蓋の裏には「ソフトはダウンロードしろ」って買いてあります。なのでディスクなどは付いてません。
箱を開けると本体がお目見え。蓋の裏には「ソフトはダウンロードしろ」って買いてあります。なのでディスクなどは付いてません。

箱の中に入っているのは本体以外にHDMIケーブル、ロープロファイル(なにそれ?)ブラケット、リファレンスマニュアル、そしてエムブレムバッジです。バッジって必要?

箱の中身です。エムブレムバッジは箱に貼り付けてあったので、剥がさずそのままにしてます。
箱の中身です。エムブレムバッジは箱に貼り付けてあったので、剥がさずそのままにしてます。

HDMIケーブルは取り込んだ映像をパススルーで外部出力する用だと思うんですけど、ぶっといので取り回しが面倒そう。

付属のHDMIケーブル。こんな硬そうなの使わねぇよ。
付属のHDMIケーブル。こんな硬そうなの使わねぇよ。

本体は小さくて軽いです。ぱっと見すごくシンプル。ただ、裏面がバックパネルなしで基盤剥き出しなのが残念。お高いんだからそのくらいやって欲しかった。

本体はめちゃ軽い。基盤のカバーもなんか格好いいですよね。
本体はめちゃ軽い。基盤のカバーもなんか格好いいですよね。
ただし、裏面は基盤剥き出し。こちらもカバーして欲しかった。
ただし、裏面は基盤剥き出し。こちらもカバーして欲しかった。

入出力端子はHDMIのインプットとアウトプットのみ。アウト側のパススルーは240FPSまで対応。おまけに低遅延なのがウリらしいですがはたして。

入出力端子。シンプルでわかりやすい。
入出力端子。シンプルでわかりやすい。

接続はパソコン本体のPCI Express端子に接続するだけ。内蔵型は電源不要なのがいいですね。あとデスク周りがスッキリするのもいい。

こんな感じでPCIEスロットに接続するだけ。分厚いハイエンドグラボを使ってるとエアフローを邪魔しそうで心配ですが、幅はそんなにないので多分大丈夫じゃないかな。
こんな感じでPCIEスロットに接続するだけ。分厚いハイエンドグラボを使ってるとエアフローを邪魔しそうで心配ですが、幅はそんなにないので多分大丈夫じゃないかな。

この製品のいいところはドライバーが不要なところ。対応ソフトウエアを公式サイトからダウンロードしてくるだけですぐに使えます。ゲームキャプチャーは「4K Capture Utility」というソフトを使用します。同じサイトに置いてある「Game Capture」というのは対応してないので注意。

Wii Uの画面を取り込んでいるところ。ノイズは全くなく、めちゃくちゃ綺麗。
Wii Uの画面を取り込んでいるところ。ノイズは全くなく、めちゃくちゃ綺麗。

ただしこの「4K Capture Utility」はプレビュー画面に遅延がありますので、ゲームをプレーする場合はパススルーで出力されている方の画面をみた方がいいです。プレビュー見ながらプレーした結果はのちほど紹介します(笑)

購入して良かった点

めちゃくちゃ綺麗に取り込める

期待どおりの取り込み性能。映像も音声も完璧。もう元は取れました。

参考にこちら、コナミがWiiでダウンロード販売していた「グラディウス リバース」の映像をご覧ください。ただ、「4K Capture Utility」の遅延が大きくてすぐ死んでます。

ドライバー不要

OSにドライバーソフトをインストールすると、稀にトラブルの元になったりするのであまり好きではないのですが、「4K60 PRO MK.2」はドライバー不要なので手軽で安心です。

ゲーム配信で使用されるスタンダードなソフト「OBS Studio」でも、接続するだけで映像キャプチャーデバイスの選択項目に表示されます。

本体を接続するだけで「OBS Studio」の映像キャプチャーデバイスで本製品が選択できるようになります。
本体を接続するだけで「OBS Studio」の映像キャプチャーデバイスで本製品が選択できるようになります。

OBS Studio」のプレビュー画面だと遅延が小さいという話も聞きました。そのうち確認したいと思います。

本体内蔵で電源不要

これ重要。外付だと置き場所に困ったり、USB端子とかコンセントを埋めたりして不便だったりするんですが、これはPC本体に内蔵するタイプなので超スッキリ。素晴らしい。

パススルーの映像が低遅延

本体のOUT側HDMI端子をモニターに接続すれば、ゲームの映像を取り込みつつ、遅延の少ない映像でゲームをプレーすることができます。これ重要。

入出力端子(HDMI)のIN側にゲーム機、OUT側にモニターを接続します。
入出力端子(HDMI)のIN側にゲーム機、OUT側にモニターを接続します。

ただ、PCのモニターが1台の場合、PCデスクトップとゲーム画面を切り替えて表示しないといけないのでちょっと不便ですね。

あーマルチモニタ環境を構築したくなったなぁ(笑)

微妙だった点

ハードウェアエンコーダを搭載していない

本体にハードウェアエンコーダを搭載していないので、PC側のCPU、GPUにそれなりの性能が求められます。購入する際はちょっと注意が必要ですね。

GeForceだと、HD画像を取り込むのに最低でもGTX106xあたりが必要らしいです。訳あっていまGTX1650を使ってるんですが、これだと4Kは厳しいかも。

純正キャプチャーソフトの遅延が大きい

「4K Capture Utility」のプレビュー画面でグラディウスやりましたが、クリアは厳しいくらいの遅延がありました。たぶんアクション、シューティングは無理。アクション性の低いRPGやアドベンチャーゲームなら可、といった感じでしょうか。

ゲーム配信の画面を見つつゲームをプレーするとなると、プレー用と配信用の2台モニターがあった方がいいと思いました。

…買うべき?(笑)

ちょっとお高い

Amazonで32,014円(2020年5月31日現在)です。フルHD、60FPSに対応した他メーカーの製品が2万円くらいで購入できることを考えると、ちょっとお高い気はします。

でもまぁ性能を考えると妥当な価格なのかな。

今回のオススメ度

elgatoのキャプチャーボード「4K60 PRO MK.2」のシオナイト的オススメ度は★★★★★(星五つ)です。

キャプチャーできるのがHDMI出力のあるゲーム機に限定されるので、古い世代のゲーム機は対応していませんが、720P出力のWii Uから4K HDR対応のPS4 Proまで、高画質かつ簡単に録画・配信できるというのが大きなポイントです。

また、PCI Expressスロットに接続するタイプなので余計な配線や電源ケーブルが不要でPC周りがスッキリまとめられますし、ドライバーソフトも不要なのもいいです。

残念ながらノートPCや拡張性の低いPCでは使用できませんが、対応したPCをお持ちの方で「ゲーム実況はやってるしやってみたい!」と思っている方には是非オススメしたい製品です。

ではまた。

4K60 Pro MK.2

4K60 Pro MK.2

29,000円(11/25 14:39時点)
Amazonの情報を掲載しています