BootcampからParallelsに移行したらWindowsのライセンス認証が通らなくなったのでMSに電話して解決してもらった話。

2019年6月18日

プロダクトキーを認証できない

こんにちは。MSの脳内変換順位は「モビルスーツ」が1番目のシオナイト(@sheonite)です。

先日、MacのWindows環境を、仮想マシン環境ソフトの「Parallels」に移行したのですが、その際、Parallels環境の方でWindows10から、

このプロダクトコードは無効やで。

と、冷たくあしらわれたので、その時の対処法を備忘録的に記しておきます。

そもそも問合せ先がわからない

マイクロソフト製品を使いなれてない私が悪いのかもしれませんけど、とにかく表示されるヘルプをたどっていっても正解に行き着く気配がありません。

途中、チャット形式のサポートを紹介されてホッとしてたら、ここから先のサポートは3,380円と、タレコミ屋みたいな要求をされる始末。

対応の緊急度を上げると5千円台まで跳ね上がりました。
対応の緊急度を上げると5千円台まで跳ね上がりました。

さすがM$の親分、アコギですね(単なる言いがかり)。

ていうかマイクロソフト、質問する気力を失わせるためにわざと分かりにくくしてんじゃないのか?

自覚があるパターンのやつや!
自覚があるパターンのやつや!

サポート窓口に電話して解決

と、長い前フリはこの辺にしといて、ParallelsでWindowsの認証が通らなくなった時の問い合わせ窓口はこちらです。

マイクロソフト個人向けサポート窓口
電話番号:0120-54-2244

自動音声ガイダンスに従って番号をプッシュしていくのですが、これもまた何回聞いてもどれが正解か理解できません。

どれだけ考えてもわからなかったので、とりあえず適当な番号を押して出てきた係員の方に正解を教えていただきました。

  1. 「有償または無償のパソコンの使い方やサポートについて」の1をプッシュ
  2. 「ウインドウズ製品について」の3をプッシュ
  3. 「アップグレード、インストールおよびセットアップ直後のトラブルについて」の2をプッシュ
  4. 係員に接続

なんか、正解を聞いても全然ピンときませんね…

今回のケースでは、係員と私のMacを接続して、係員の方がリモートで全て設定を行ってくれました。言葉遣いも丁寧で、非常に好感がもてる方でしたよ。

PC上のヘルプとかサポートサイトの方も、もうちょっとユーザーフレンドリーな感じにしてくれればいいのに。

なお、今回の音声ガイダンスの手順は、2018年10月17日現在のものですので、今後変わる可能性があることをご承知おきください。

それでは楽しいWindowsライフを(え?)

Parallels Desktop 14 Retail Box JP(通常版)

Parallels Desktop 14 Retail Box JP(通常版)

11,000円(11/12 18:13時点)
Amazonの情報を掲載しています