薄っぺらい映画評「ダイ・ハード/ラスト・デイ」

2019年6月23日

ダイ・ハード/ラスト・デイ

ダイ・ハードの最新作を観てきました。もう5作目ですか。諦めの悪さはロッキー並みですね。

本作は見事なくらいのドンパチ映画。全体的に「マシンガンブッ放してド派手なカーチェイス見せてやるから細かいことは気にするな」的オーラが満ち溢れています。だから決して「放射能を中和するガスって何なのよ?」とかいうツッコミを入れてはいけません。

とにかく銃を撃ちまくり、車をぶつけまくり、高いところから飛び降りまくりです。私はこの手の映画大好きなので、もう最初から最後までニヤニヤが止まりませんでした。ハインドが飛び回るのもメタルギア好きにはたまらないポイントでして…

最近の映画の中では比較的尺が短め(98分)なのも良かったですね。とにかくスカッっとしたいという方におススメな映画です。…あ。あと、細かいことを気にしない人向け(笑)。

[Blu-ray]">ダイ・ハード/ラスト・デイ<最強無敵ロング・バージョン> [Blu-ray]

ブルース・ウィリス, ジェイ・コートニー, セバスチャン・コッホ, ラシャ・ブコヴィッチ, ユーリヤ・スニギル
426円(12/12 19:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
ダイ・ハード/ラスト・デイ [DVD]

ダイ・ハード/ラスト・デイ [DVD]

ブルース・ウィリス, ジェイ・コートニー, セバスチャン・コッホ, ラシャ・ブコヴィッチ, ユーリヤ・スニギル
818円(12/12 19:26時点)
Amazonの情報を掲載しています