薄っぺらい映画評「ライジング・ドラゴン」

2019年6月23日

ライジング・ドラゴン

ジャッキー・チェン最後のアクション超大作、『ライジング・ドラゴン』を観てきました。

この作品、ジャッキー・チェンのカンフー映画の集大成と言っても過言ではないです。小さい頃、学校で「酔拳ごっこ」とか「木人拳ごっこ」とかやったことある人は観たほうがいいですよマジで。

映画は役者の声を聴きたいので基本的に吹替版は観ないのですが、石丸博也氏が声を当てるとなれば話は別です。なんですかこの「ゴールデン洋画劇場」っぽい雰囲気。サイコーじゃないですかっ!

ジャッキー映画お約束のNG集もちゃんとありますし、その後にジャッキーの肉声メッセージもありますので、皆さん最後まで席を立っちゃいけませんよ。

…それにしてもTVCMなんかで流れるあのシーン、絶対ワイヤーアクションだと思ってたのに…ジャッキー・チェン恐るべし!!

ライジング・ドラゴン [Blu-ray]

ライジング・ドラゴン [Blu-ray]

ジャッキー・チェン, クォン・サンウ, チャン・ランシン, ヤオ・シントン, リャオ・ファン
1,200円(11/12 12:38時点)
Amazonの情報を掲載しています
ライジング・ドラゴン [DVD]

ライジング・ドラゴン [DVD]

ジャッキー・チェン, クォン・サンウ, ジャン・ランシン, ヤオ・シントン, リアオ・ファン
980円(11/12 12:38時点)
Amazonの情報を掲載しています